• [0]
  • ★目撃・妄想・作品・雑談 掲示板 2★

  • 投稿者:tyao
 
色んな雑談や投稿、同士のコミュニケーションや小説投稿、目撃情報等など

まったりとしたスレッドとして利用して頂ければ嬉しく思います^^b  tyao

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル
URL
sage

  • [942]
  • 潜龍寺

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2021年 4月21日(水)18時40分46秒
  • 返信
 
こんばんは、ほろほろさん

その若さですでに慣れすぎて何も動じなくなったのは
羨ましいなのやら(目撃多くて)、残念なのやら(放尿というコンテンツを失ってしまった)……
なかなか微妙な判断ですね^^
蓮美もかなりのやんちゃぶり発揮ですがまさか弟が餌食になるとは…笑
しかもレンも見ていたとは…笑

でも蓮美もお風呂でおしっこをするクセを治す努力をするということは
自身に女性の磨きをかけてきた証拠ですのでいい事ですね^^b
(でも将来の旦那さんが性癖だったらしちゃうんでしょうけど…^^)

たしかに大好きな女性がおしっこする姿は数十倍の破壊力がありますからね~!(笑
新たに潜龍寺の催しで夏の肝試し大会など開催したり、サークルキャンプ一泊二日(保護者付き)など
色んなシチュが考えられますのでいつかは目撃しちゃいそうですね^^

でもそんなの目撃したらもうハナちゃんから離れられないかも…?^^

  • [941]
  • Re: 潜龍寺

  • 投稿者:ほろほろ
  • 投稿日:2021年 4月21日(水)13時32分3秒
  • 返信
 
tyaoさんこんにちは

ザンネン君が女の子のオシッコ姿に全然動じなかったのは多分、間違いなく蓮姉のせいです
蓮美とザンネンくんは1学年違い
蓮美が小学校1年生の時くらいまで、蓮枝と3人でお風呂に一緒に入っている時に
蓮美は蓮枝の目を盗んでは、お風呂でおしっこをしていて、それを何度も目撃していた為に
見慣れてしまっていたのではないかと思われます。
なので9歳の時に幼女ハナちゃんのオシッコ姿をみても特になんも思わなかったのではないかと

蓮枝にチクろうものなら後で蓮美からの鉄拳制裁があったかどうだか定かではないが・・・
ザンネンくんは、蓮枝にチクる事はしなかった。

それでも蓮美が2、3年生くらいになった時にはザンネンくんと一緒にお風呂に入らなくなる
代わりに、たまに蓮枝のお手伝いでレンのお風呂の世話をするようになり、少しだけ乙女心が出てきたのか
レンの前では、オシッコするのをやめて、ひとりで入る時も次第におしっこ癖を直す。
それから数年間はお風呂でのオシッコをしなくなります。

でもって、歳を重ねた19歳ザンネンくん(確か浪人生?)がガチで好きになった高校生ハナちゃんの野ション姿、若しくはお漏らし姿を目撃したら遅咲きの何か新しい世界を見るかもしれませんね
それまで小学生の時に同級生女子のノション姿を目撃してしまう事はあったでしょうけど
たいして好きな女子でもなかったのと、やはり蓮姉のせいでそこまでドキっとすることが無かったのかも?

  • [940]
  • 潜龍寺

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2021年 4月20日(火)18時32分49秒
  • 返信
 
こんばんは、ほろほろさん

いえいえ~分かります。その時代で育った慣わしは今でも懐かしく感じるものですよね^^
祖母の家はものすごい田舎にありましたので小さい頃はボットン便所経験しております~^^
そのトイレの横の引き戸から外に出れますが目の前がお墓一面でしたので
夜はハンパなくめちゃくちゃ怖かったなぁ…^^;

潜龍寺の家計はいつの時代も苦労していたんですね^^
(今も若者離れが深刻で頭をかかえる誠哲)

もしかしたら大おもらしの方がヤス兄ちゃんが心配すると思って
逢える気持ちが高鳴りしちゃったかもしれませんね…><

女の子の野ションを目の当たりにしても驚く事無くドキドキすることなく
怒っている様子から見るとザンネン君はあまり興味がなかったのかも…?

なるほど、この作品の完成にはそんないきさつがあったんですね^^
ちょうどトイレのボットンについて話していた時の完成でしたね^^

蓮美が我慢に我慢を重ねて放出する音はトイレの前じゃなくても聞こえてきそうですね~^^
音消ししない蓮美はなんかそんな性格のお姉さんて感じしますもんね

トイレスリッパの紛失印、生活観が溢れていてなんかほっこりしますね~^^
しかもザンネン君めちゃ多いですね(笑 蓮美は3回、案外しっかりしてそうな蓮枝も2回落としていたとは…笑
でも嫁いだ時は慣れずの7回はしょうがないですね^^

なんと誠哲の父さん母さんが健在なんですね!(笑
鬼の誠哲の先代、もっと怖いのか、それとも案外優しいのか、色々想像してしまいますね~^^

  • [939]
  • Re: 投稿小説第156話

  • 投稿者:ほろほろ
  • 投稿日:2021年 4月20日(火)15時52分16秒
  • 返信
 
tyaoさんこんにちは


自分が昭和後期の生れだから、どうしても設定が少し古めになってしまうので
自分の子供の頃と同じ文化の気持ちで話を作るので、トイレがどうしてもボットンになってしまう
以前にも言ったかもしれませんが、自分の住んでいた地域、家も周りも水洗化が始まったのは平成の一桁台の頃だったので、レンの時代と合うかどうか

でもお寺だとトイレの数も多そうだし境内に下水管通すのも大変そうだし
予算をたてて工事するのも莫大な費用がかかりそうだから水洗化は周りより遅れた事でしょうな

ハナちゃんにノション癖がついたのもこういうボットンが怖いと言う気持ちがあっての事
うんちの場合どうしてたのだろうかね、さすがに野○ソはしなかっただろうけど

ザンネンくんもそれなりに女の子のノション現場目撃のオイシイ経験はしていたのね
本人がそれに対して興味があったのかどうかは解らないけれど

だからtyaoさんの書き込み
>>いつごろまで一緒にお風呂に入っていたかもですが、小さい頃はまだトイレの音消しはしなかった蓮美、
>>(それかもしかしたら水洗トイレじゃなかったかも?)
>>レンがトイレに入ろうとしてうっかり音が聞こえちゃった事があったかもしれませんね^^

を見た時に、はやくこの作品を完成させねばと思った次第です
でも蓮美なら水洗化しても音消しはしないでしょうな
レンたちが住む母屋のトイレは今は洋式水洗トイレなので快適でしょう
レンはなんども蓮姉の放尿音を聞いてしまっています、聞こえてくると言うべきかな

因みにボットントイレに一番スリッパを沢山落としたのはザンネンくんでした
トイレにスリッパを落とすと バツとして 正←コレでカウントされて トイレ内の張り紙に書き足されていく仕組み

1位 ザンネンくん 13回以上
2位 レン 3回
2位 蓮美 3回
4位 蓮枝 2回(子供らが生まれる前に、実は7回位)
5位 誠哲 0回(子供の頃に4回位)

で、実は潜龍路家の祖父母(先代住職(隠居)夫妻・誠哲の父母)は、今でも御健在の可能性が出てきました(笑)
ハナちゃんが告げ口をしようとしたジュウショクさんは先代の可能性も有ります


  • [938]
  • 投稿小説第156話

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2021年 4月19日(月)18時11分23秒
  • 返信
 
こんばんは、ほろほろさん

誰かと思ったらなんと今じゃハナちゃんに惚れているザンネン君、小さい頃二人は出会っていたんですね^^
なぜか容姿や名前までもお互い忘れてしまった二人。もし思い出したらさぞ驚くことでしょうね~

ハナちゃんにとってはザンネン君よりも大事なヤスお兄さんとの思い出の場でもあるんですね。
本人はもう会えないと悟っているハズが…なぜかやっぱり会えそうな気がして
おしっこした木でお兄ちゃんを待っているんですね。おもらししてでもザンネン君がこなければずっと待っていた事でしょう
ザンネン君の事は綺麗さっぱり忘れましたがお兄ちゃんの事は忘れないと誓うハナちゃん。

そしてお互い高校生になり…投稿小説第139話に繋がるんですね^^
見られても言い返すハナちゃんの気の強さ、そしてヤス兄さんへの想い、小さい頃から健在だったんですね^^b

有難う御座います~感動させてもらいましたよ!更新させて頂きますね^^b

  • [937]
  • 投稿小説

  • 投稿者:ほろほろ
  • 投稿日:2021年 4月19日(月)16時05分18秒
  • 返信
 
ある二人の幼き日の出来事 少年と幼女


ひとりの9歳くらいの少年がウダウダを文句を垂れながら潜龍寺の山門をくぐり境内に入っていった

少年「あぁ、だるい疲れた、もうオヤツ食べて寝るぞ宿題なんかやっていられるか」
そういいながらあたりを見渡すとひとりの4,5歳位の幼女があろうことか鐘楼堂の裏で
座り込んでおしっこをしていたのである


「こらぁ、なんてとこでおしっこしてるんだ」と少年が大声で幼女に注意をした

幼女は、恥ずかしがることもなく言い返してきた「ちょっとみないでよね、エッチ!」

少年「エッチとか冗談じゃない、こんなとこでおしっこしてちゃだめなんだぞ」

「あんただってこのあいだ、そっちの方でタチションしてたでしょ」と幼女はめげることなく更に言い返してきた

「お、俺はちゃんと木に向かってしてたし、ここは俺んちの寺だ、どこでしてたっていいだろう」と少年も負けずに言い返す

幼女はオシッコが終わったのか立ち上がり

「キがかわいそう、ジュウショクさんにいいつけてやるからね!」と言い残しお寺の会館の方に入っていってしまった

「や、それだけは勘弁してくれぇ」と幼女を追いかけようとしたら高校から帰ってきた誠哲に呼び止められたのである


誠哲「斬哲そんなところで、なにをしておる?」

斬哲「あ、オヤジお帰りなさい、実は・・・」と言いかけた時に
誠哲は、雨も降っていないのに地面の一部だけが塗れているのを見て斬哲に怒鳴った

「こら、斬哲そんなとこでタチション等しおってちゃんとトイレでしなさい、あろうことか鐘楼堂に向かってするだなんて言語道断」

斬哲「違うよオヤジ、コレはボクのじゃないよ・・・ボクが釣り鐘に向かってするわけないだろう、見知らぬ女の子が・・・」

誠哲「言い訳御無用!」

斬哲「だから、コレは違うんだって、ココではしないよ」

誠哲「コレは、ココではって事は、さては斬哲よ普段から境内でタチションをしてるのか」

斬哲「ひぃぃ、ごめんなさぁーーーい」

誠哲「待たんか斬哲、晩御飯抜きじゃ!」

斬哲「ごはん抜きだけはかんべんしてくださぁい、本堂で一時間正座してきまぁす」

誠哲「やれやれ困ったものだな・・・、ん、女の子が?果て、誰だろうなぁ」

本堂で正座をしている斬哲「くうぅ、あの小生意気な女の子め今度会ったらただじゃ済まさないからなぁ、いてぇ、しびれる」と泣いていた



別な日


斬哲がいつものようにボヤキながら帰って来た時に
またもや、あの幼女が鐘楼堂の裏でおしっこをしていたのである

斬哲「またお前か、なんでここでおしっこをするんだ、ちゃんと建物の中のトイレでしてくれなきゃ困るだろ」

幼女「またあんたなのね、みないでよエッチ」

斬哲「お前のせいで、こないだオヤジにこっぴどく叱られたんだぞ」

幼女「そんなのしらないもん」

斬哲「なんだよ、その目は、そんな目でオレを見るな!」

幼女「・・・・」幼女はジーっと斬哲を見ている

ジーっと斬哲を見ながら、幼女は総てを出し切ったのか立ち上がり脱ぎ散らかしていたパンツを履いた

斬哲「ダメだよ、女の子がお外でおしっこなんかしたら、恥ずかしいだろ(しかも拭いていないし)」

幼女「だって、おうちまでがまんできなかったし、がまんしすぎたらボウコウエンなるってお母さんにいわれてんだもん」

斬哲「話が無茶苦茶だ、ウチの寺のトイレを使えばいいだけの話じゃないか」

そう言われて幼女はぶんむくれて口を閉ざしてしまった、その時にひとりの高校生位の少年が声をかけてきた

高校生少年「あ、いたいた、ここにいたか探してたんだぞダメじゃないか黙って離れたらお父さんとお母さんが心配してたよ」

幼女「お兄ちゃん、だってだって・・・このヒトがわたしにいじわるするの」

高校生少年「意地悪?、ここのお寺の息子さんですね、うちの妹がなにか?」

「こ、この子が、こんなとこでオシッコしてるんだ、だから注意していただけなんだ」と斬哲は証拠の水溜りに指差しをした

高校生少年「そうだったんですね、うちの妹がご迷惑をお掛けしました」
高校生少年「ほら、ちゃんとこのお兄ちゃんに謝らなきゃ駄目だぞ、ハナちゃん!」
ハナ「わたし、なんもわるくないもん、おしっこおもらしダメだもん、ボウコウエンになるんだもん」
高校生少年「ここのお寺のトイレを使わせてもらえばいいだけじゃないか、なんでお外でなんかしたんだい」
ハナ「だってだってヤスにいちゃん、ここのトイレきたなくて、したがみえてておちそうで、こわいんだもん」
斬哲「随分と言いたい放題言ってくれるじゃないか」たじろいでいる
ヤス兄「こら、ハナ失礼だぞ、仕方がないだろう、ここのお寺は古いんだから」

斬哲「し、失礼な、俺だってボットンは嫌だよ、我慢しているんだ、他は殆ど水洗になっているのに」
斬哲「うちの寺だけ未だにボットンで、工事するのにお金がかかるし、もう少ししたら水洗化するからそれまで我慢しててくれ」

ハナ「がまんしたら、ボウコウエンになっちゃうのーー」幼女はとうとう泣き出してしまった
ヤス兄「本当に、うちの妹がごめんなさい」深々と頭を下げて高校生少年は幼女を抱きかかえていなくなってしまった

斬哲「あぁ、なんだかどっぷし疲れてしまった・・・もうふて寝だ・・・」



それから大分経ったある日の事


あの幼女がまたもや鐘楼堂の後ろにいたのである

斬哲「あ、またお前か そんなとこでおしっこするなと何度・・・あれ?」
あれ違う、幼女はグシュグシュと泣いていたのである

斬哲「ど、どうしたんだよ、お前なんで泣いているんだ」
よくよく幼女を見てみると幼女の足が濡れており、足元には大きな水溜りが広がっていたのである
斬哲「おまえ、漏らしたのか、なんでちゃんとトイレにいかないんだ」
斬哲「トイレはちゃんと水洗になったんだから、ここに来る必要がないじゃないか」
幼女「ひっくひっく・・・、だってだって・・・・」
不思議と少し可愛らしさが見えた

そこへ蓮枝がかけつけてきたのだ
蓮枝「あ、いたいた、探したわよお嬢ちゃん」

斬哲「ち、違うよ、俺、イジメてなんかいないからな」慌てふためく斬哲
蓮枝「大丈夫よ、斬哲」

蓮枝「あらら、お嬢ちゃんしちゃったのね、ほらお着換えしましょうね」
蓮枝「ほら斬哲、ボウっとしてないで本堂の方にいる御両親、肇さんに報告しにいってあげて」
斬哲「え?お漏らししてたって?」
蓮枝「もうデリカシーがないのね、違うわよ、ハナちゃん居ましたよって」
斬哲「わ、わかったよオフクロ」と言いながら足早に本堂の方に走り出した

蓮枝は濡れている女児を抱きかかえて歩き出し、少しばかり会話をした
蓮枝「ハナちゃんどうしちゃったの?」
ハナ「だってここにいればヤス兄ちゃんが来てくれるかとおもって」ぐすんぐすん
蓮枝「そうだよね、ハナちゃんはお兄ちゃんの事が大好きだったものね」
ハナ「でも、わたしちゃんとわかってるの、お兄ちゃんにはもう逢えないことを」ぐしゅぐしゅ
蓮枝「もう逢えないことはないのよ、ハナちゃんが安斎お兄さんの事をいつまでも忘れずに想っていれば」
ハナ「・・・・・おもっていれば?」ぐしゅぐしゅ
蓮枝「そう、いつも安斎お兄さんがハナちゃんの傍についていて見守ってくれるからね」
ハナ「はい・・・・あたし、ぜったいにヤス兄のことをわすれないもん」
蓮枝「強い子だねハナちゃん」
ハナ「だけど、おばちゃん、わたしぬれてるのよ、よごれちゃうよ」
蓮枝「いいのよ、気にしない、気にしない、うふふ」



それから数年が経過して・・・


ヒイロ「有難うね、レン」

レン「いいって構わないさ、今日は幸い葬儀も法事も入っていなくて広間が使えるから」
  「ささ、どうぞあがって、あがって」

ハナ・ヒイロ「おじゃまします」

ハナ「先輩の家って本当にお寺なんですね、しかもここのお寺だったなんて」


ハナちゃんにしては余りにも小さい時の出来事の為に記憶が断片的にしか残っておらず、特に斬哲の事は完全に抜け落ちていて
斬哲も何故かあの日々の出来事が記憶から消えていたのである、なにかもどかしさを残して。
この二人が実は昔出逢っていた事をお互いに思い出す日が来るのかどうかは、今後の二人の出逢える回数次第である・・・。

  • [936]
  • ビーチおもらし美人!

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2021年 4月19日(月)09時12分12秒
  • 返信
 
こんにちは、Lemon Juiceさん

おお、年代の雰囲気が出ていていい感じですね^^
もし行きでのおもらしでしたらせっかくの海がテンション下がりそうですね~(笑
慰める友達の声が浮かんできそうです^^

有難う御座いますね、更新させて貰いました^^b
※リンク了解です~!

  • [935]
  • またリンクきり忘れました!

  • 投稿者:Lemon Juice
  • 投稿日:2021年 4月19日(月)00時04分10秒
  • 返信
 
すいません、イラスト投稿とは関係ありません・・・
前回の投稿のが残っていました。

  • [934]
  • ちょっと懐かしい雰囲気 ビーチおもらし美人

  • 投稿者:Lemon Juice
  • 投稿日:2021年 4月19日(月)00時02分33秒
  • 返信
 
90年代、こんな感じのサーファーガール結構いたような・・・
渋滞に巻き込まれてビーチで慌ててトイレに駆け込むが
大陰唇をすり抜けデニムパンツの股間に激しいシミが…

https://www.jade-net-home.com/products/114399


  • [933]
  • レン&佑香&ボットン和式

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2021年 4月18日(日)21時01分25秒
  • 返信
 
昔ながらの造りだったんですね、潜龍寺
何気に木の質感を描くのが大好きですのでボットン便所とか和風とかいいですね~^^

となると逆算すると蓮江が25歳で結婚して嫁いだ後はずっとボットン便所とのお付き合いだったんですね^^
ほぼ新人教師だったので慣れるのに時間掛かりそうですが、誠哲への愛情で問題無さそうですね^^b

蓮美もザンネン君もレンもボットン便所経験済みだから水洗になったときの感動を味わっているわけですね(笑

※私に姉が居るのはお伝えしましたが実は何度も姉の放尿音を聞いております(笑 (和式でしたので音が激しい)
姉は家では音消さないんですよね~(まあきっと家はリラックス場なんでしょうけどネ^^)

  • [932]
  • Re: レン&佑香

  • 投稿者:ほろほろ
  • 投稿日:2021年 4月18日(日)20時20分5秒
  • 返信
 
お、tyaoさん鋭いですね

レンの実家、潜龍寺のトイレは
レンが小学生くらいまでは、母屋のトイレも寺のトイレもボットン和式トイレだったのです
簡易型水洗ですらない

今はちゃんと洋式水洗トイレと和式水洗トイレを備えておりますが。

  • [931]
  • レン&佑香

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2021年 4月18日(日)17時55分38秒
  • 返信
 
こんばんは、ほろほろさん

やはりもしかしたら目撃があるんですね^^
バレたらバレたでサークル時お互いどんな反応するのか想像してしまいますね~
(もしバレてなくてもレンが勝手に意識して一人で顔赤くなってしまいそうですね^^)

植木と谷も古株メンバーですがなかなか報われないですね…(笑

いつごろまで一緒にお風呂に入っていたかもですが、小さい頃はまだトイレの音消しはしなかった蓮美、
(それかもしかしたら水洗トイレじゃなかったかも?)
レンがトイレに入ろうとしてうっかり音が聞こえちゃった事があったかもしれませんね^^

  • [930]
  • Re: レンの夢

  • 投稿者:ほろほろ
  • 投稿日:2021年 4月17日(土)20時48分51秒
  • 返信
 
tyaoさんこんばんは

まぁ、多分、間違いなく佑香とお付き合いをする前に
ハナちゃんとヒイロのツレション現場をなんらかの形でウッカリ目撃(ラッキースケベ)する日は1回か2回くらいはあるでしょうな
本人らにバレるかどうかは不明だけれど、どう目撃しちゃうかは今のところ解らないけれど。
谷と植木がおこぼれラッキースケベがあるかどうか

若しもレンが女性のおしっこ姿を目撃するとしたら
子供の頃に蓮姉と一緒にお風呂に入っている時に蓮姉の姿を見てしまうかどうかだろうけど
蓮美はそういう事をする娘かどうか、多分弟の手前だからしないだろうなぁ。

  • [929]
  • レンの夢

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2021年 4月17日(土)17時24分49秒
  • 返信
 
こんばんは、ほろほろさん

やはり幼少期のおもらし姿が鮮明に記憶で残っていて
学園祭で見かけた佑香をそのまま夢で映しちゃったんでしょうね~^^
ハナちゃんやヒイロがどんなに誘惑しても絶対に負ける事のない女性、佑香。
レンも素晴らしい一途愛ですね^^

>レンは女性がおしっこしてる姿をみたことがあるのだろうかw
もしかしたらこの先ハナちゃん、ヒイロの放尿を目撃するかも…?(今後の創作次第?^^)

いえいえ~どういたしまして~^^b

  • [928]
  • (無題)

  • 投稿者:ほろほろ
  • 投稿日:2021年 4月17日(土)15時14分15秒
  • 返信
 
tyaoさんこんにちは

うんまさにそんな感じでしたわ
レンと佑香、あの佑香が大胆にもまさかこんな事を・・・夢の中で
きっとこれは高校生レンが見た夢なのだろうね
こんな夢を見たレンは寝起きは相当もんもんしていた事でしょうなぁ
レンは女性がおしっこしてる姿をみたことがあるのだろうかw

実に美味しい絵をいただきました

  • [927]
  • 不思議な夢

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2021年 4月16日(金)22時50分28秒
  • 返信
 
たまにそういった不可解な夢、見たりしますよね~^^
私はよくパーマンになった夢とか見ますよ(笑
潜在意識は分からないものですよね…

せっかくですのでレンと佑香をモデルにしたツーショット絵でも^^
(もちろん夢の世界ですからね^^)

女性も忘れてしまうのはホントありますので何のために出てきたのか不思議になりますよね~

  • [926]
  • (無題)

  • 投稿者:ほろほろ
  • 投稿日:2021年 4月16日(金)22時00分46秒
  • 返信
 
こないだ見た夢

ドラえもんのいつもの空き地のような場所で、土管に腰を掛けて野ションをしている女性を目撃
興味本位でその女性の隣に腰かけて横の野ション女性を眺めるが
全然嫌がらずに平然とした顔でそのままし続けていいやがんの

どんな女性だったかは忘れてしまったけれどねぇ

  • [925]
  • 冒険の書086

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2021年 4月16日(金)19時57分41秒
  • 返信
 
こんばんは、domotoさん

なんと!雛森桃ちゃんそんなおねしょ設定がある子たっだんですね!^^
本漫画作品でそのおねしょ癖?がどう弄られるのかなかなか興味が沸きましたよ(笑

しかも火の技を使えるという事ですのでこれは火遊びおねしょ鉄板ですね~^^

参考画像では凛々しい感じですがおねしょした時の恥じらいが目に浮かびますね!^^b

  • [924]
  • 冒険の書086

  • 投稿者:domoto
  • 投稿日:2021年 4月16日(金)18時09分8秒
  • 返信
 
こんにちは、tyaoさん
冒険の書086のヒロイン、雛森桃
子供の頃は「おねしょ桃」と呼ばれていました、おもしろそうですね。
全裸でおしっこをする雛森桃、あるいは裸で彼女の大面積のおしっこの濡れた内ズボンを干して、とても大きい世界地図と......
考えるだけでエロいです^^
火系斬魄刀を使った雛森桃は、彼女は大きくなったら火系の技能が頻繁に使われておねしょをするかどうか分かりません^^

  • [923]
  • おもらし!

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2021年 4月15日(木)12時37分16秒
  • 返信
 
サンプル動画有難う御座いますね^^
一人目の女の子、ものっすごい量もらしておりますね(笑
二人目の子、実際ああなったらもう成す術なく自分のシミを眺めるのかな~とか思いますよね~
キラキラ光るおしっこの輝きがまた熱いですよね!^^

分かります、これがジーンズやホッパンでもノーパンだったら萌え半減ですよね^^
外からパンツは見えませんが中にしっかりパンツ着衣しててそれをびっしょり貫通させるプロセスを通し
初めて外にシミとして見え始める。みたいな^^ 中でどうなってんの!?とか想像しまくっちゃいますね~

ぱんつにじわりとなったとき女の子はどんな感情なのか、そしてそんな恥ずかしい感情を抱いてる
女の子にも萌えを感じたりしますね~^^

いえいえ、私も根っからの変態ですよ~!^^b

  • [922]
  • Re: 真桜ちゃん

  • 投稿者:Lemon Juice
  • 投稿日:2021年 4月15日(木)10時55分14秒
  • 返信
 
いえいえ、リクではないので挿絵を描いていただけるだけでもうれしいです。

描写は私の性癖ですね…
きっと前濡れが好きなのは、前シミの裏で行われている、大陰唇と尿意の攻防を想像して楽しんでいる
のかもですね。
クレパスからしみ出す尿を必死にガードするぷにゅぷにゅ大陰唇。
深いクレパスからジワジワシミ出す若い女の尿…
そして染み出た尿がパンティに吸収され、濡れた不快感とともに恥丘にへばりつく…
こんなことを前濡れを見ながら想像しているようです・・・
ど変態でございます・・・

なので今までAVでこの前濡れ女性が一番好きです。
サンプル動画2人目の娘、本編では正面の股間アップでのおもらしシーンもあります。
豪快な前濡れが最高です。
あとムチムチなふとももも・・・ムチムチは大陰唇もムチムチかなと想像させられます(汗)

https://www.jade-net-home.com/products/114399


  • [921]
  • 真桜ちゃん

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2021年 4月14日(水)23時45分56秒
  • 返信
 
>>920
こんばんは、Lemon Juiceさん

ホントは西条美奈ちゃんや理奈など組み込ませて賑やかにしたかったんですが
お酒が入ってて難しい構図が不可能に…(笑
編集長も今見ればちょっと若すぎキャラデザかな~とか思ってしまいますね…^^;

パンツの中の物語をここまで細かく書いた小説を私の絵ごときでの再現は難しいですが
あの時真桜ちゃんはどんな表情をしながら全開放したのかなーとか想像しながら楽しく描かせて頂きましたよ^^
真桜ちゃんのクレパスは例えるならお餅に砂糖醤油をちょっぴり付けた感じでほんのりの風味と柔らかさですよね!

いえいえ、こちらこそ有難う御座いました^^b

  • [920]
  • 真桜のおもらしイラストありがとうございます!

  • 投稿者:Lemon Juice
  • 投稿日:2021年 4月14日(水)23時24分33秒
  • 返信
 
真桜の豪快なおもらし、最高です。
真桜のキャラを生かした演出をしようと考えていたら、同期のライバルと
おしがま対決風にするのが面白いかなと思って、スパイス的に
西条美奈を登場させました。
女の闘い、それがおしがまだったらと思ってこのストーリーになりました。

久々なのでおもらし描写を少し多めに書いてみました。
ワレメ好きなので「大陰唇」とか「陰裂」とかという言葉をたくさん使って
しまいましたが・・・

そしてイラストありがとうございます。
とっても嬉しいです。

真桜と美奈のWおもらしを見られた明智編集長がうらやましい!
でもそのあと2人逆切れされますが…

あー真桜のおもらしズボンとパンティを脱がしてクレパスをぺロペロしたいです。

  • [919]
  • 東宮真桜のおもらし

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2021年 4月14日(水)18時10分13秒
  • 返信
 
>>918
こんばんは、Lemon Juiceさん

久しぶりの投稿ですね~^^
久しぶりの真桜ちゃんとお酒っぽいお話でしたのでちょっと早いですが私も一緒に一杯呑みながら読ませて頂きました^^
西条美奈ちゃんはおそらく新キャラですよね?(登場してたらごめんなさい^^;)
懇親会での飲みの席、ライバル心むき出しでほぼ犬猿の仲?っぽい二人、飲みっぷりが素晴らしいですね~(笑
そして関西弁の真桜ちゃん、やっぱ可愛いですね!なんか怒鳴ってる姿が想像できましたよ^^
トイレの列でもライバル心で悟られないように頑張るも徐々に決壊。漏れ出す様子が細かくて萌えますね~!
スカートなんて生地が薄いからとっさにオマタに手を当てたらあっという間にシミが浮き出ちゃいますよね~
藁をもすがる思いで男子便所に目をつけるも明智編集長が出てきた時点で二人とも決壊。
そして矛先は編集長に(笑 怒っている間はシミはそっちのけなんでしょうねきっと^^
第三者にちゃっかり動画にされ、公開された事を知ればきっとその場の恥ずかしい思いがまた蘇えっちゃいますね^^

ええ、普段の飲みと違い争いの飲みはお互い意地になりますから限界ギリギリまで飲みますよね~
そこに不慮のトイレ待ちなんか食らったらなりふり構わずオマタに手を当てて我慢しちゃう気持ちが伝わりました^^

有難う御座いますね、更新させて貰いました^^b

  • [918]
  • 東宮真桜のおもらし

  • 投稿者:Lemon Juice
  • 投稿日:2021年 4月14日(水)14時46分1秒
  • 返信
 
久々の小説投稿です。
真桜ちゃんのキャラデザがかわいかったので、いつかまたおもらしさせたいと
おもっていまいた!

真桜の勝気な性格を出したかったので、また長文になってしまいましたが、
おしがまシーンを書いているときは結構ムラムラしましたよ。


  • [917]
  • キャストラ新聞社 懇親会

  • 投稿者:Lemon Juice
  • 投稿日:2021年 4月14日(水)14時43分44秒
  • 返信
 
キャストラ新聞社 懇親会

CC2021年4月14日 都内某所
「明智編集長!政治部との懇親会って!なんで西条となんですか!」
真桜は頬を膨らませてテーブルに手をついて、その形のいい尻をツンと突き上げながら明智に迫った。
「まぁまぁトウグウ。そうよね~同期でも、私は東大卒で、美人で、しかもあなたが行きたかった政治部の記者だもんね~」
真桜の目の前に座った細身の女が黒髪のストレートヘアをかき揚げ、彼女を嘲笑するような表情で言った。
「西条~っ!てめぇ!」
「あら~、本当のことじゃないの~。社会部のトウグウさん(笑)」
頭に来た真桜は目の前のジョッキのビールを一気に飲み干した。
「すいません!お代わり!」
真桜は空いたジョッキを高く上げて、店員を呼ぶように叫んだ。
二人は同期。二人ともキャストラ新聞社の中でも群を抜いた美人だが、お互いが負けず嫌いでいつも張り合っていた。
「西条~っ!学歴やないねんで!社会人は実績や!実績!お前は政治部でスクープないやろ!」
「何!」
西条美奈はその図星にこめかみに青筋を立てて、黙ってジョッキをもってビールを一気に流しこんだ。
「すいません!こっちもお代わり!」
二人はこの後もけん制しあって、ガンガンとビールを飲みほしていった。
『マジか…こいつら…黙っていれば二人とも美人なのに…管理職はつらいよ…』
明智光正は頭を抱えた。
「編集長…顔色悪いですよ。」
隣にいた環希理奈の一言が天使のささやきに聞こえた。

それからしばらくたって、理奈がトイレに立った。
ジョッキを片手に口論を続けていた二人だが、かれこれビールをジョッキで7,8杯は空けており、二人の膀胱はかなり大きく膨らんでいた。
「ちょっと、トイレ。」
西条美奈が先に席を立った。
「私も」
真桜もつづいた。
「何、ついてきてんのよ!」
「うるさいねん。行きたいもんしゃーないやん。」
二人はそういいながら奥のトイレに向かっていった。

しかし…
「あっ、東宮先輩、西条さん。トイレ一つしかなくて、結構、並んでいるんですよ。なんか最初の人、全然、出てこなくって。」
理奈は振り返って二人にそういった。
その言葉は二人の背筋に冷たいものを走らせた。
『マジか…、結構、漏れそうなのに…しかし、トウグウには知られたくないな。ここは何事もないような顔で…』
『やばいで…こいつの前でオシッコ我慢してるとか思われたないわ』
「あらそう」
「あらそう」
二人は声をそろえてそう答え、余裕の表情を作った。
二人は張り合って飲むあまり、尿意をギリギリまで我慢してしまっていたのだ。この時点で二人の水風船は破裂寸前だった。

美奈は気づかれないようにその細い太ももをきゅっと閉じ、スカートの上から尻を撫でた。
『マジか…ビール飲みすぎちゃった。ホント漏れそう!うっ…』
大きな尿意の波が美奈を襲ったが、これは何とかしのぎ切ったようだった。陰裂の奥が熱くなる感覚だった。

『あかん、あかん!私、ビール飲んだらめっちゃオシッコしたなんねんなぁ。漏れる~っ』
真桜もスラックスのベルトきゅっと引っ張り下着を陰裂に食い込ませるように尿意を堪えていた。下着が陰裂に当たって少し気持ちよかった。

「あの、お二人とも大丈夫ですか?私、まだそんなに行きたくないから順番、変わりましょうか?」
二人の切羽詰まった雰囲気に理奈は気遣った。
理奈のその言葉に二人はぎょっとした。
尿意を堪えていることなど傍目には気づかれないようにクールに我慢していると思っていたのだが、限界寸前の若い女性の危機感と悲壮感は端から丸わかりだった。

「だ、大丈夫よ、理奈ちゃん、わ、私はまだ我慢できるから、先使いなさい。」
美奈は声を震わせながら答えた。
「そ、そうよ。私も全然、平気!うっ…」
真桜も内股になりながらも、答えた。しかし、その時、真桜の外尿道から10CCほどの尿がぴゅっと噴き出て、大陰唇をすり抜け、パンティにジワッとぬくもりとして広がった。
「な、何、強がってんのよ。譲ってもらいなさいよ。この歳でおもらしなんてありえないわよ。」
美奈も限界ギリギリなのに、マウントを取るように苦しむ真桜にプレッシャーをかけた。

「何ゆーてんねん。あなたこそ、顔色悪いわよ!」
負けじと真桜も強がりを言った。そして美奈はその言葉に顔を赤らめた。
「わ、私がこの歳でおもらしなんてするわけないわ。」
美奈は極力涼しい表情を作ったが、こちらも膀胱はパンパンにはっており、衣服の上からもその下腹部のふくらみが分かった。そして、足は少し震えていた。

『なんか変な雰囲気になってきちゃったな…』
理奈は二人に挟まれいたたまれなくなっていた。

二人はモジモジと必死に尿意を堪えていた。
『うっ…でる…』
美奈がそう思った瞬間、全身に鳥肌がたった。そして、すっーっと股間から何かが落ちそうになった。
「あふっ!」
その瞬間、反射的に、美奈はスカートの上から右手で股間を鷲つかむようにおさえた。
しかし…
じゅわっ…
美奈の下着と恥丘の間にぬるぬるとぬくもりが広がった。
『まずい・・・今のは結構出た。』
そう思って、少し顔を赤らめて真桜の方を見た。
さすがに真桜も股間を押さえて悶絶する美奈に同情するような視線を投げかけていた。

しかし、そんな真桜の外尿道口も大量の尿を堰き止めきれず、ジワジワ、ちびちびと下着に少しずつ漏れ始めていた。
いつの間にか、真桜のスラックスの股間はゴルフボール半分くらいのシミが広がり始めていた。
『あかん!このままやったら出てまう…』
真桜は焦った。そして、足首を上下運動させ尿意を必死に紛らわせようとしていた。

一方、美奈は先ほど反射的に押さえた右手をゆっくり開くと、スカートついたシミが目に入った。
『ヤバッ!スカートも濡れちゃってる!』
シミを隠すように慌てて股間を握りなおした。
しかし…
ジワッジワッ…
『漏れる~…』
握りなおした右手に、少量ずつ大陰唇をすり抜けてきた尿を感じて、美奈は赤面した。

すっかりおチビリ状態の二人だが、なかなかトイレはあかなかった。
そんなところに明智がやってきた。
「みんな、遅いなと思ったら大渋滞か(笑)」
ノー天気にそう笑って、誰も入っていない男子トイレに入っていった。
幸いにも明智は二人のシミに気が付いていない様子だった。
そして、トイレに入る明智を見て真桜は気が付いた。

「西条…」
「なんだトウグウ…」
「確か男子トイレって、小便器と個室があること多いよな…」
「確かに…」
「私はまだまだ我慢できるんやけど、お前苦しそうやから、編集長が出てきたら、男子トイレにいっしょに入ったるわ。二人で入ったら、ほかの男は入ってけーへんからゆっくりできるやろ、うっ…。」
「なるほど・・・私もまだまだ我慢できるけど、トウグウがおもらししたらキャストラ新聞の恥なので、付き合ってあげるわ。」
そして二人は目を合わせて、股間を押さえながら大きく頷き、男子トイレのドアを見つめた。

明智が用を足す数分間が二人には何時間にも感じられた。
『まだですか…編集長』
悶絶する美奈。
『あかんて…ホンマ漏れる…』
歯を食いしばる真桜。
気が付いたら二人は男子トイレの前で股間を押さえて、尻を振るようにして小便を我慢して立っていた。
この間にも、じわじわと二人の小便は漏れ出していたが、最後の力を振り絞って、尿道口に力を集中させ、決壊を免れていた。

そして二人の尻には小さなシミもにじみ出ており、まわりの客は若くてきれいな女性の危機にくぎ付けとなっていた。
『編集長~早くしてください!』
『もうあかん、出る、出る、出る!』
二人は脂汗をびっしょりかいて、息も浅くなっていた。
二人の尿道括約筋は崩壊寸前で、最後の砦のふくよかな大陰唇が、尿の飛び出るのを押さえるように固く閉じていた。
そしてその大陰唇は深い陰裂を作り、そこにジワジワとこらえきれない尿が「おもらし」を予感させながら染み出ては、パンティに吸収されていった。

『もれちゃう…』
『漏れる…』
そう二人が限界を感じた時、カチャっと男子トイレのカギが開く音が聞こえた。
二人は目を見開いた。
そしてドアがゆっくり開いて、明智が顔を出した。
驚いたのは明智だった。
なぜなら明智の目の前には、鬼の様相の真桜と美奈の二人が額に脂汗をにじませ、殺気だった雰囲気で立っていた。

そして、目が合うなり足をばたつかせ、雪崩打つように迫ってきた。
「編集長!そこどいて!」
明智はその迫力に圧倒されたが、二人の殺気は一瞬で消え去り、激しかった動きがゆっくりと止まった。

「あっ…あっ…」
「あ、あかん」
ちゅぃーっ!ちゅーっ!ちゅっーちゅっ!しゅぃーっ!
居酒屋の店内に若い女性の放尿音が響き渡った。
「お、お前ら…」
明智は目の前の光景に呆然とした。
ちゅぃーっ!ちゅーっ!ちゅっーちゅっ!しゅぃーっ!
明智は思わず音のする真桜の股間と美奈の股間に目が行ってしまった。
二人はばつが悪そうにうつむいた。
ちゅぃーっ!ちゅーっ!ちゅっーちゅっ!しゅぃーっ!

西条美奈はスカートだったが、右手で股間を鷲掴みにしていたので、まずスカートの中から数滴の尿がこぼれた後、太い水流が彼女の内ももからふくらはぎを伝って流れ始めた。そしれ少し遅れて、彼女の右手のまわりのスカートの布が濡れて変色しだし、指の隙間から薄黄色い尿があふれ始めた。
そして美奈は恥ずかしさのあまりしゃがみ込んだのだが、しゃがみ込んだことで、美奈のまるい尻からスカート越しに尿がこぼれ始めた。
丸い尻に広がるシミはパンティラインを浮き上がらせいやらしく見えた。
そして、その尻の下に大きな水たまりとして広がっていった。

一方、ぴったりとしたスラックスの東宮真桜は股間からシミが広がり、ズボンの裾から匂いのきつい黄色い尿が太い水流を作り流れ落ちて、床に水たまりを広げていった。
そしてしばらくすると、太ももに流れた尿がしみ出し、股間から内ももにかけて大きなおもらしシミを作っていた。
真桜は立ったまま漏らしたので股間と尻に大きな扇形のシミが広がっていた。

「マジ、最悪…」
「ホンマに…」
二人はがっくりうなだれた。
そして、しばらくして股間や尻に貼りついた不快感を強く感じた。
「明智編集長!編集長がこんな企画するから私たちが失禁しちゃったじゃないですか!」
「ホンマや!編集長がこんな企画立てへんかったら、私らもらしてないわ!」
逆切れした女は怖かった・・・
明智は二人の迫力に押され切っていた。

しかし、小便をもらして逆切れする美女二人…
二人のおもらしシーンと尻や股間におもらしシミをつけたまま10分以上、上司にクレーム立てるキャリア女性のおもしろ動画は顔にモザイクをかけられ、某動画サイトで300万回の再生がされたという。

以上



  • [916]
  • 和巳!初の大ピンチ

  • 投稿者:食い倒れ次郎
  • 投稿日:2021年 4月10日(土)00時42分37秒
  • 返信
 
今日は茶藤事務所の新歓会。和巳も春空も出席。もちろんマネージャーの響香も社長もいる。茶藤事務所は女性タレント70%。男の娘・ニューハーフタレントが30%。新しく入るタレントに女性が3人で男の娘が1人。その中でも男の娘で粋のいいタレントが入社した。

???「はじめまして僕の芸名はあかしゃむこと赤松大五郎(あかまつだいごろう)です。」

タレントA「まじうける~名前負けしてますけど(笑)」

タレントB「あかしゃむちゃんよろしく!」

あかしゃむ「僕は酒が大好きです」

春空「酒好きなら和巳さんと気が合いそうだね。しかし本名が大五郎であんな可愛いなんて。」

和巳「僕らも負けてられないね」

あかしゃむ「僕はビール一気飲みが得意です。」

するとあかしゃむが一気飲みを始めた。タレント全員がキョトンとして驚愕していた。

タレントC「凄いね。」

タレントD「粋のいいのが入ったね」

すると社長が

茶藤「おい和巳!負けてられないじゃないか。お前の底力見せてみろ」

和巳「え~」

響香「はーいビール二つ。あかしゃむちゃんに負けるな先輩」

社長と響香は大分、酔っていた。仕方がなく和巳も一気をする。

参加者全員「それ一気、一気、一気、一気、一気、一気、一気」

それに合わせ意図も簡単にビール2杯を平らげた。しかし和巳は顔色ひとつも変えなかった。春空は和巳を心配した

春空「和巳さん酒入ると頻尿になるけど大丈夫かな。なにも起こらなかったらいいけど」

そして終わる頃、トイレには酔いつぶれたタレントがいっぱいいた(社長も含め。)

あかしゃむ「おえーーーーー」

あかしゃむもその一人だった。和巳は

和巳(あかしゃむちゃん可哀想に。おしっこしたいのに出来ないじゃない)

和巳はトイレが出来ないまま店を後にする。和巳は二次会には参加せず家に帰るとこだった。電車で帰るとこだった。多目的トイレに行くも多目的には5人くらい並んでいた。更に

アナウンス「ただいまお客様とのトラブルにて電車が遅れています。」

電車も遅れていた。和巳の尿意は

和巳(やばい。漏れそう。はやくおしっこがしたい。だけど多目的が全然進んでいない)

時間が経っても多目的の列は進んでいない。ようやく電車が来て乗車するも尿意の限界でもぞもぞしている。そして最寄りについてトイレに行くも多目的が故障中。男子トイレも学生で群がり女子トイレは行列。飲み会シーズンだからだ。

和巳(やばいやばい)

和巳はよちよち歩きになっていた。自宅まで5分のところで尿意の波が来て動けなくなった。

和巳「やだ、動けない。漏れちゃう。」

和巳は決壊寸前だった。ただ今日は珍しくミニスカであり

じゅううーーーーーーーー

和巳(やだ止まって~)

和巳の尿意は現状150%。30%おもらししてしまった。

和巳「家でのおもらしやチビりはあったがこんな外では初めてだよ」

何とか止めて120%耐えているが

じゅううーーーー

和巳「だめー」

今度は20%くらい漏らした。すると和巳は膀胱が軽くなったのか路地裏に隠れた。そしてミニスカだったからスカートは無事でパンツはびしょ濡れ。すると和巳はパンツを横にずらしイ○モツを出した。そして

しゃーーーーーーーーー
しゅううーーーーーーー
ジョロロロローーーー
シュイーーーーーーーー

和巳はずらしょんを始めた。

和巳「はあー天国」

しかし50%はおもらし。100%は無事?放尿出来た。

和巳「うっ気持ち悪い。ジーンズじゃなくて良かった。ジーンズだったらばれるしね」

和巳は家に帰りパンツを洗濯しシャワーを浴びたのであった

  • [915]
  • 投稿小説

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2021年 4月 9日(金)08時28分55秒
  • 返信
 
>>914
こんにちは、食い倒れ次郎さん
ありゃ…申し訳御座いません、張り忘れてしまいました><
修正完了致しました^^b

  • [914]
  • Re: 投稿小説

  • 投稿者:食い倒れ次郎
  • 投稿日:2021年 4月 8日(木)23時34分44秒
  • 返信
 
36話の椎菜の野ションプレイを見たんですが話が逸子のトイレトレーニングになってました。修正お願い致します

  • [913]
  • 投稿小説

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2021年 4月 7日(水)12時02分30秒
  • 返信
 
>>910
こんにちは、食い倒れ次郎さん

椎菜の野ションプレイ
色んな形で世に発信しているおもらしや放尿の女性の方々には頭が上がりませんよね~
ぜひとも今後とも配信は続けてもらいたいものです!^^

逸子のトイレトレーニング
実際足を傷害なされた方は大変だと思いますよね、今までの生活から180度変わるわけですし
逸子ちゃんには応援したいですね^^

有難う御座いますね、更新させて貰いました^^b

  • [912]
  • 冒険の書084

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2021年 4月 7日(水)12時01分57秒
  • 返信
 
>>908
こんにちは、nbさん

反応が無かったから「あれ?なんか違ったかな」とちょっぴり不安でしたが
喜んで頂けているようで良かったです~(笑
ええ、swf、mp4 両方収録致しますね^^

そう言えばツール?でダンガンロンパか楓涼子のリクを2択していましたネ!^^
ええ、楽しみにお待ちしておりますね!^^b

  • [911]
  • 新入社員のかわいこちゃんのおもらし

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2021年 4月 7日(水)12時01分16秒
  • 返信
 
>>907
こんにちは、Lemon Juiceさん

おお、お久しぶりの投稿ですね^^ 日々お仕事お疲れさまです!
今年もしっこの日は健在でしたよ~

いいですね~ぱんつもスカートも全て通り越して水溜りを作るしゃがみおもらし^^
中はすごいことになっているんだな~と想像を掻き立てられますよね~
もし遭遇したら立ち止まって凝視しちゃいそうです!

有難う御座いますね、更新させて貰いました^^b

  • [910]
  • 椎菜の野ションプレイ

  • 投稿者:食い倒れ次郎
  • 投稿日:2021年 4月 7日(水)01時12分52秒
  • 返信
 
椎菜はとある動画サイトで野ションを撮影するのだ。そのためいっぱい出すためにおしっこを我慢している。

椎菜「私はおしっこ我慢中」

カメラを椎菜の膀胱に近づける。いつもより若干、膨れているのだ

椎菜「膀胱パンパンでーす」

ただいまの時刻が深夜0時。椎菜は撮影の為に17時からトイレに行っていない。

椎菜「はやくおしっこがしたい。漏れそうでーす。あー漏れる漏れる」

椎菜はかなりの限界を迎えている。丁度いい物陰に隠れると

椎菜「今から野ションします」

すると椎菜のアソコから

プッシャーーーーーーーーー
しゅううーーーーーーーー
ジャバジャバーーーー

椎菜「あ、あー気持ちいい!」

長いおしっこが終わり

椎菜「あースッキリした」

翌日、投稿するとコメントだらけでいいねが100件くらいあった。

椎菜「さすが私。明日もしよ」

椎菜の野望はこれだけではない。いつかはもっと認められるように試行錯誤していくのであった。

  • [909]
  • 逸子のトイレトレーニング

  • 投稿者:食い倒れ次郎
  • 投稿日:2021年 4月 7日(水)01時01分52秒
  • 返信
 
逸子「はあ・・はあ・・」

逸子は非常に慌てている。彼女はトイレがしたいのだ。急いでスボンを下げるのだが

じゅううーーーーーーーー

逸子「またしてしまった」

するとトイレに椎菜が入る。

椎菜「いっちゃん、また漏らして」

逸子「ぐす・・また間に合わなかった」

逸子がトイレに間に合わないのは日常茶飯事であった。彼女は不慮な事故で下半身不随になり多目的で手摺がないと立てないのだ。多目的も少なく、その上逸子はおしっこを我慢する癖がある。

逸子「事故に逢わなければこんな事にならなかったのに。あれは飲酒運転してたおっさんが悪いんや。」

椎菜「そんな事を掘り返しても足は戻らないし。そうだ、いっちゃん。決まった時間にトイレに行くのはどうやろう。自分の尿意パターンを知るために行く時間をノートに書けば」

逸子「えー面倒くさい」

椎菜「いっちゃんは面倒くさがりだから。またおもらししたいの?」

逸子「それは・・・・」

そしてトイレに行く時間を書く事一週間が経ち、逸子はトイレパターンを見つけ

しゃーーーーー

逸子「今日もちゃんとおしっこできた」

椎菜「良くできました(笑)」

逸子「ぶー!子供扱いしないで」

椎菜「これからも続けよう」

逸子「うん。頑張るね」

二人の友情はいつまでも続くのであった。

  • [908]
  • 冒険の書084

  • 投稿者:nb
  • 投稿日:2021年 4月 7日(水)00時32分28秒
  • 返信
 
更新見ました!ありがとうございます!素晴らしい差分で大満足っす!
最高の作品ありがとうございます!動画も楽しみにしておきます!!

次回リクするときはいよいよ楓ちゃんと涼子さんのおねしょ対決を必ずリクしますよ!

  • [907]
  • 新入社員のかわいこちゃんのおもらし

  • 投稿者:Lemon Juice
  • 投稿日:2021年 4月 6日(火)23時52分4秒
  • 返信
 
久々の投稿です。
最近仕事が忙しく小説もイラストもさっぱりでした。
賑わっていますね。昨日は「しっこ」の日だったんですね!

新入社員なので22歳です。
ぴちぴちです。
若いのでちゅぃーっって音も響きますし、臭いもきつく量も多いです。
ああ・・・着替えさせてあげたい。


  • [906]
  • しっこの日

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2021年 4月 5日(月)10時35分42秒
  • 返信
 
いえいえ~、ナイスでした!^^b

  • [905]
  • 時間まで記入してくださってる!

  • 投稿者:よしっこマニア
  • 投稿日:2021年 4月 5日(月)10時30分19秒
  • 返信
 
今日の早起きは本当奇跡でした!

自分の中では狙ってませんでしたが、もしかしたら無意識のうちに欲望が爆発したのかもしれません(笑)

投稿小説の更新、確認しました!わざわざ時間まで記入してくださったことに、本当に感謝しています!

ありがとうございました!

  • [904]
  • 4月5日(しっこ)の日

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2021年 4月 5日(月)10時23分3秒
  • 返信
 
>>903
こんにちは、よしっこマニアさん

おおお!すごい!ちゃんと時刻も4時45分ですね!(笑
しかもpixivも04:45とは! まさに奇跡の早起きでしたね~^^


ものすごくママへの愛情が伝わってくる内容ですね~^^
やはりファンの前では高貴な女性ですが実際は心臓ドキドキ、
配信が終わるとおもらししちゃうか弱い子なんですね^^
いつかママのキスをもらいたい気持ちからか、ママが妬く夢なんか見ちゃって
案の定ちょっぴり残念な夢と共に大きな大おねしょ。今朝は一緒にお風呂に入ることも叶わず
かっくり善子ちゃんでした^^b

更新させて頂きます~有難う御座いますね! 投稿お疲れ様でした^^b

  • [903]
  • 4月5日(しっこ)の日の新作投稿しました

  • 投稿者:よしっこマニア
  • 投稿日:2021年 4月 5日(月)04時51分5秒
  • 返信
 
冒険の書68を元にした新作が完成しました!
それと、投稿時間にもこだわりました(笑)
まさか4時くらいに起きられるとは思ってなかった(笑)

  • [902]
  • 津島善子の、おねしょな就寝時間

  • 投稿者:よしっこマニア
  • 投稿日:2021年 4月 5日(月)04時45分18秒
  • 返信
 
私、津島善子の夜は長い

学校で授業やスクールアイドルとしての活動をこなし、自宅に帰っても堕天使ヨハネとして活動するのだ

善子「くっくっくっ…リトルデーモンの諸君、堕天使ヨハネ降臨よ」

ヨハネ様ー!

待ってました!

格好いい!

などのコメントが一斉に流れてくる

そう、対象はネットの向こう

堕天使ヨハネは時々、動画サイトで生配信を行なっている

スクールアイドルとして活躍してるから、再生数も結構稼いでいる

…お小遣いも、実はそこそこあったりする////










善子「それではリトルデーモンの諸君、次回の配信でまた会いましょう」

乙です!

乙!

また次回!

期待してます!

善子「…ふぅ」

配信を終えてから、電源を落としてから息をつく

善子「き、緊張した~…」

配信はほとんどがスクールアイドルとしてではなく、私自身の趣味でやっているものなので、どうしても画面の向こうのリトルデーモン達に受けなかったらどうしようなどと不安になる

そして、不安が緊張を生み、緊張はトイレを近くする…

そして、配信終了後の喜びのコメントで、ようやく緊張の糸が解けるのだ

配信開始から、ネタの披露中もたくさんのコメントが来るのだが、ヨハネ自身楽しみながらも内心では「この後で失敗したらどうしよう?」と考えるとこがよくあるので、終わるまでは本当に緊張しっぱなしだ

そして、そんな緊張の糸が解けた後は……

しゅいいいいいい~~

善子ママ「善子ー、ってありゃ…」

配信終了後のおもらしと同時にママが入ってきた

善子ママ「生放送、してた?」

善子「……うん」

善子ママ「じゃあちょうど今終わって、緊張から解放されたおもらしをしちゃった訳だ」

凄い…

流石はママだ

私のことをよくわかってくれてる…////

善子ママ「頑張ったわね。えらいえらい」

善子「えへへ…////」

生配信が終わった後、いつもママに頭を撫でられる

それから…

善子ママ「今日も皆を笑顔にした、格好いい堕天使アイドルさんにはご褒美に、ママが一緒にお風呂に入ってあげるわ?」

善子「うひょーーーーーーーーーーー!!!!」

これこれこれこれ!これよこれ!!!

ヨハネが動画配信する理由はこれなのよ!

ママに手を繋いで貰って脱衣所に着いてから、ヨハネはおもらしで濡れたおむつや、堕天使の衣装やらを脱がせて貰う

そして、ママのお着替えを目に焼き付けてから、お風呂場に入る

まずはシャワーで身体や頭などを洗い流してから、トリートメントや化粧水、乳液などで美を磨いて貰う

そして、全部終わったらいよいよママと湯船に…////

善子ママ「善子、狭くない?」

善子「大丈夫?」

2人で入るには少し狭い湯船だが、入れない訳ではない

大好きなママが、こんなにも密着するから…よしこはお風呂の時間が大好きなの?

善子ママ「今日の配信は楽しかった?」

善子「うん!皆がよしこをカッコイイって褒めてくれたの!」

善子ママ「善子は人気者なのね」

善子「えへへ…////」










ママとの入浴を楽しんでから、おむつを履かせて貰う

おむつを履かせて貰った後は、また手を繋いで貰って、お部屋までついて来て貰うの

善子ママ「善子、おやすみなさい」

善子「おやすみママ」

お部屋まで連れてって貰った後は、ベッドに入る

ママにおやすみの挨拶をしてから、まぶたを閉じる

小さい頃はよくおやすみのキスをしてくれたのだが、高校生になってからはまだ一度もない

せめて1日、おねしょしなかったらやってもいいと言われているが…その1回が中々引き当てられない(ちくしょおおおおおおおおおおおおお!!!!!!)








配信を終えた後、よしこはママと2人でお風呂に入っていた

2人で入るには少し狭い湯船だが、入れない訳ではない

大好きなママが、こんなにも密着するから…よしこはお風呂の時間が大好きなの?

善子ママ「今日の配信は楽しかった?」

善子「うん!皆がよしこをカッコイイって褒めてくれたの!」

善子ママ「善子は人気者なのね」

善子「えへへ…////」

善子ママ「ネットの皆に人気なのは、ママとしても誇らしいけど、ネットの向こうの誰とも知らない人ばっかりに構ってばっかり…」

善子「え?」

善子ママ「ママ、ちょーっと寂しいな…」

善子「ひょっ!?」

こ、ここここここれは!ま、まさか…ヤキモチ!?

ママ、ヤキモチ妬いてるの!?

こ、これは…

善子「か、可愛過ぎ~?」

しゅいいいいい~~~……

あ、あまりにもママの可愛い一面に、思わずお湯の中におしっこしちゃった…////

お風呂の中でおしっこなんて、いけないことなのはわかってる…で、でも…こんなの……

我慢できるわけない!!!!

大丈夫よママ!ヨハネはずっとママのことを愛してるから!今までもこれからも世界で1番ママのこと愛してるから!どんなに人気者になっても、ママへの愛は不変だからね!!!いや、日に日に大きくなるから不変じゃないな、きゃっ?なーんちゃって?

善子「ふひひ~ん?」










善子「ん……」

しゅいいいいい~~~……









うん、目が覚めた

昨日一緒にお風呂入った、それは現実だ

ただ、寂しいな…の辺りからは夢だ……

善子ママ「あら~…また世界地図描いちゃったわね」

そう、夢だったのだ

ママがヤキモチ妬いてくれたのも…

お風呂でおしっこしたのも…

全部夢だった

朝に残っていたのは、びしょびしょのおむつとおねしょで濡れた布団だ

善子ママ「今日もおむつから溢れて大きな世界地図描いちゃったわね」

善子「…ママのせいだもん」

善子ママ「え?ママなにかした?」

善子「だ、だって…夢の中であんなこと、言うから…////」

そう、夢の中とはいえ皆の人気者になるのが、寂しいなんて…あんな顔で、あんな言葉を……

善子「…でへ?でへへへへへへへ?」

じょろろろろろろぉぉ~~…

夢の中のママの言葉を思い出したら、またおしっこが…でも、仕方ないじゃない!思い出しちゃったもん!ママのあの顔と言葉を!

ただでさえびしょびしょのお布団がもっと濡れるけどこの際知るもんか!

ママが可愛過ぎるのが悪い!

普段は綺麗で優しいママなのに、可愛さを押し出して来たのが悪いのよ!

善子「だからよしこ悪くない!ママが悪いの!」

善子ママ「ええ…」

善子「だから罰として今日も一緒にお風呂…」

善子ママ「おねしょ布団洗わないとだから今日はそんな時間ないわよ」

善子「そ、そんなああああああああああああああああああああああああああっ!!!」ガ-ンッ!!!

~おしまい~

  • [901]
  • 4月5日(しっこ)の日

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2021年 4月 4日(日)20時25分13秒
  • 返信
 
>>900
こんばんは、よしっこマニアさん

あ!ホントだ!(笑 445、よしこ ですね!^^b
なんとそのような願望がおありだったんですね たしかに運命付けられた
日にちと名前ですから4月4日、4月5日は大イベントですよね!^^

いえいえ、どういたしまして~ 私の絵で宜しかったら使って下さいね^^
冒険の書068はおねしょ絵でしたので仕上がりを楽しみにしております!^^b

  • [900]
  • 4月5日(しっこ)の日

  • 投稿者:よしっこマニア
  • 投稿日:2021年 4月 4日(日)19時39分38秒
  • 返信
 
4月5日に冒険の書68を元にした小説を投稿させて貰います

善子は数字にすると445、つまり44(しーしー)にも45(しっこ)にも対応できる万能型おもらし娘!この名前を生かした連日投稿を、いつかいつかとずっと考えたいたので、遂にそれが叶う時が来たのです!

いやほんと、tyaoさんがリクエスト作品を自由に使って良いと仰ってくれたおかげで創作意欲に火が付きました、本当にありがとうございます!

  • [899]
  • バッチリです!

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2021年 4月 4日(日)14時00分24秒
  • 返信
 
いえいえ~お気になさらずに!
他に何か御座いましたらなんなりと^^b

  • [898]
  • 挿絵見れました!

  • 投稿者:よしっこマニア
  • 投稿日:2021年 4月 4日(日)13時47分1秒
  • 返信
 
特典のつもりで敢えて貼っていなかったのですね。こちらこそ、意図に気付かずすみませんでした。
そして、挿絵を挿入して頂き、ありがとうございます!

  • [897]
  • 投稿小説第153話

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2021年 4月 4日(日)13時35分21秒
  • 返信
 
貼り付け完了です~^^

  • [896]
  • 挿絵

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2021年 4月 4日(日)13時30分30秒
  • 返信
 
>>895
こんにちは、よしっこマニアさん

挿絵はよしっこマニアさんのブログやpixivじゃないと閲覧できないような特典っぽい感じで
あえて張らなかったんですけど、もしご希望でしたら張らせて頂きますよ~^^b
余計な気を遣っちゃいましたね、ごめんなさいネ^^

後ほど張らせて頂きます~^^b

  • [895]
  • サムネイル

  • 投稿者:よしっこマニア
  • 投稿日:2021年 4月 4日(日)12時50分6秒
  • 返信
 
投稿小説の方に登録、ありがとうございます
サムネの方には以前リクエストした善子ちゃんの絵が描いてありますが、小説に飛んでみると挿絵が見れなくいのです。もしかして、元から貼ってないのでしょうか?それとも自分のが見れないだけ?

  • [894]
  • 新作投稿

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2021年 4月 4日(日)10時26分13秒
  • 返信
 
>>893
こんにちは、よしっこマニアさん

先ほどpixivも拝見させて頂きました^^
やっぱり文章がプラスされると状況もシチュも分かりやすいですね~!

新シリーズの善子ちゃん、なかなかの不運の持ち主、学校ではオムツ丸出しという過酷を背負う。
(オムツ丸出しで話しかけてきたら目のやり場に困っちゃいますね 笑)

優しさが素敵過ぎるママ、野生?嗅覚並みのずら丸くん、友達思いのルビィちゃん
おしっこ大量体質の善子ちゃんの今後の学校生活を見守ってあげたいですね^^b

しーしー日の投稿有難う御座いますね、更新させて頂きました!^^b

  • [893]
  • 新作投稿です

  • 投稿者:よしっこマニア
  • 投稿日:2021年 4月 4日(日)00時35分24秒
  • 返信
 
冒険の書48から作った新しい小説が完成、さらに!

4月4日(しーしー)の日に合わせて投稿させていただきました!


レンタル掲示板