• [0]
  • ★目撃・妄想・作品・雑談 掲示板★

  • 投稿者:tyao
 
色んな雑談や投稿、同士のコミュニケーションや小説投稿、目撃情報等など

まったりとしたスレッドとして利用して頂ければ嬉しく思います^^b  tyao

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル
URL
sage

  • [800]
  • おもらし克服ゲーム

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2018年11月16日(金)02時43分29秒
  • 返信
 
なるほど、ババ抜きみたいなスタイルなんですね^^

1000分の1の確率で「世紀末」カードが出現!それを引くと発案者、治療者全員に
回避不可の電流が!!(ここでもらさなかったら金一封が出る)

普段顔を合わせないキャラとか対決しても面白そうですね~
りんご「なに、私に勝とうと思って…?」
涼子「なんだコイツの態度… 絶対負けないからな」 ミタイナ?^^

放尿はおしっこプラスアソコも拝まれてしまいますからね~
おもらしだけならおしっこしか見られないから放尿もなかなか恥ずかしいですね^^
(窓丸出しおしっこは勇気が要りますね~笑)



  • [799]
  • マ太郎

  • 投稿者:ありがとうございます!
  • 投稿日:2018年11月15日(木)23時10分43秒
  • 返信
 
ちょっとネタを考えついてから書いてたらいつの間にかこんなに多くなってしまいました…まああたりのカードを使うためにどう立ち回るかという感じのゲームです。

(ババ抜きに近い感じでしょうか?場合によっては競技くじ要素をなくすのもいいかもです)

一応大体5分の1の確率であたりくじを引けるようにはしていますが、実際にトイレに行けるのは僅かに15分の1の確率です。これを使えば
色々なお漏らしや放尿が見られそうです!

お漏らししたかクイズいいですね!後始末してまだ着替えてない状態の
恥ずかしい格好でクイズしたいです…!
そして解いてる間は容疑者という事で尿意がこみ上げてきても我慢ですよ!

予想ありがとうございます!
麻衣ちゃんはあたりくじいっぱい引けるけど、はずれに近いあたりが
出てしまったら点数を稼ぐために止む無く使っちゃいそう…
廊下でおしっこしちゃう麻衣ちゃんがありそうだなと思いました。

百合ちゃんは我慢出来ずにじょうごとペットボトルをぴったりあそこに
付けて恥ずかしそうにしちゃいそうです

美雪ちゃんと朋美ちゃんは…あたりくじ争奪戦してたけどほぼ同時に限界が来て
仕方なく 新聞紙にう〇ちする美雪ちゃんと
ノーパンの状態でお風呂に駆け込んで放尿する朋美ちゃんが浮かびました。
私の頭の中だとこんな感じになりました(笑)

メンバーは替えずに、短期決戦仕様に変えたり、
場所を色々替えたりも出来そうですよね!
そして場合によってはお漏らしより恥ずかしい放尿をする事に…!
(窓、車、突き出し、特殊ゲームとか…)


  • [798]
  • おもらし克服ゲーム

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2018年11月15日(木)16時00分14秒
  • 返信
 
こんにちは、マ太郎さん

来年の4月で満7年迎えます。早いものですね~^^ 目指せ2022年、10周年ですね!

ルールが壮大でちょっとまだ全部を把握しきれていませんが
カードバトル方式のおしっこ我慢ゲーム、いいと思いますよ^^b

私カードバトル系のゲームはまったくの未経験でして(トランプ除く)
これといった面白い案出せませんがおしっこ我慢でバンジージャンプとか
おしっこ我慢二人羽織とか(どっちがもらしたかクイズみたいな?笑)
そんなバカくさい企画とか好きですよ^^b

何十分の一かの確率で助かる道が残されていたら本人達は必死になるでしょうから
おもらしした時の残念感が増大しそうですよね^^観客も「あーあと少しで間に合ったのに~」
みたいな残念のようで実は嬉しい歓声も聞こえてきそうです^^

>麻衣、朋美、、百合、美雪でやった場合誰が何個使ったのでしょう?
ん~…一番のセーフは「家のトイレ」ですよね。「廊下でする」はなかなかハズレに近いアタリですね(笑
麻衣はくじ運強そうですから無難で百合のじょうごとペットボトルはどんな感じか見てみたい気もしますね^^
美雪と朋美あたりがビリ争いでハズレばかり引きそうな感じしそうです^^

  • [797]
  • どうでしょうか?

  • 投稿者:マ太郎
  • 投稿日:2018年11月14日(水)23時50分34秒
  • 返信
 
一応ルールだけは考えたのですが、まだネタが思いつかないです。
一応麻衣、朋美、、百合、美雪でやる場合の例を考えているのですが、
もしこのルールでやった場合のあたりくじは誰が何個使ったのでしょう?
ちょっとtyaoさんも考えてみてください!

  • [796]
  • お漏らし克服ゲームについて ②

  • 投稿者:マ太郎
  • 投稿日:2018年11月14日(水)23時48分29秒
  • 返信
 
・(忘れてた)除外したくじの行方
除外したくじはくじ引きに戻されます
また混ぜて再利用です

・全体の流れ
くじ書く→くじ入れる→ジュース飲む→競技くじ引く→競技くじの内容の試合実行→おしっこくじを順位順に引く→くじ除去とくじ消去→ターン終了→実行…以下ループ→全員が離脱確認→競技くじを引く…以下ループ→終了条件を満たす→終了

・ゲームの終了条件について
制限時間を迎えるか、それぞれが指定した回数の試合を行った後に終了。

終了後の順位決定について
それぞれつかったくじを確認、それぞれの点数を確認
はずれくじ→1点
あたりくじ 普通のトイレ 5点
      緊急     3点
      足せる枠   2点
お漏らしした場合はこれらの合計点から-5点(複数回ある場合はその分も引く)

一位の人には何かいい物や、景品を用意するのもよいでしょう。
ここで高順位を出せば、きっとお漏らししなくなる、かも?

(補遺 おしっこお漏らしにもう〇ちお漏らしにも効果有り)

  • [795]
  • お漏らし克服ゲームについて

  • 投稿者:マ太郎
  • 投稿日:2018年11月14日(水)23時37分6秒
  • 返信
 
『お漏らし克服ゲーム』
・かかる時間 (準備時間を除き)20分~6時間(変更可)
・用意するもの 人間 4~7名(集合者、発案者含む)
       ある程度の大きさの部屋(家全体だったり、庭つきも可)
       企画で使う事になったもの(可能な物だけ)
       くじ引きに使う箱と紙とペン タイマー
       紙コップ 利尿作用アリの飲み物(高級千里茶など)
       大量の衣服(下着含む)
(今回は4人でやる場合のシュミレートです)

・今回のゲームの肝「くじびき」について
①はずれくじについて
このゲームは、何と言っても最初に作る「お漏らしor放出くじびき」が
重要になってきます。まずは「はずれ」くじです。こちらはお漏らしするように
刺激したり、意地悪したりするくじです。

例その場でぴょんぴょん100回
 ジュース一本一気飲み
 パンツを脱ぐ
 あたり紙一枚無効化 など

このようになっており、治療者は準備時かその前ににそれぞれ15枚書くことになります。

②あたりくじ
そして次はあたりくじです。治療者は全員3枚書いておけます。
ただし少し外れくじと違い、4枚はそれぞれ
・普通のトイレ(家のトイレ、コンビニトイレなど)
・緊急避難用 2枚(携帯トイレ、じょうごとペットボトル、バケツや桶、風呂場)
・用は足せるが…(野ション、廊下でする、窓から出す、ベランダで)

という役割がある。このゲームではこれらを使ってゲームを進めて行きます。

(なお、今回は4人用の枚数でシュミレートしています)

手順
①まずはくじを作ります。一つはあたりとはずれありの物(こちらは前で解説)で、もう一つは室内で可能な競技やゲーム遊びなどを書いて
入れます。出来れば順位がはっきりつく物がよいでしょう。そして発案者は
使う小道具を持ってきて、治療者全員で克服ゲームで使用する小道具を
一緒に持ってきます。

②準備が整ったところで、提案者が開始を宣言します。
(この時点で治療者は全員トイレを済ませているものとします。)
開始を宣言したと同時に事前に決めた制限時間を設定したタイマーを使う。
そしてその場にあるジュースを紙コップ半分程入れて全員で乾杯。(必ず飲む)

③そして競技を書いたくじを代表者が引きます。
 (時間がかかるものや時間がかからないに関わらず)実行します。

④順位が決まったものから、それぞれ引いていきます。
 そしてここが問題です。まず次の試合前に出来る事があります。
 手札を捨てる と 手札を使う です(両方使用可)

手札を捨てるには、高い順位の人から3枚カードを除外出来、次の人は
2枚…と減っていき、最後の人は使えません。

そして手札を使う場合。はずれくじは同時実行可ですが、
あたりくじは同時に実行できず、一枚しか選ぶことは出来ません。
また、当たりくじを使った時点でその試合からは離脱扱いになります。

また、手札におけるのは同時に7枚までであり、最低でも一枚は
ターンに使用しなければなりません。


④そしてターンが始まる直前に、また乾杯。
…これを当たりくじかお漏らしによる離脱者が全員出るまでやります。
(最後まで残った人は、当たりくじを使うか、そのままの状態で次の試合に行きます。)

⑤全員の離脱が確認された後、次の試合のためにくじを引き、出た競技で
試合を行います…

  • [794]
  • 突然企画!(嘘です)

  • 投稿者:マ太郎
  • 投稿日:2018年11月14日(水)22時44分25秒
  • 返信
 
大体キャストラージュ開設6年と半年と2カ月という事で、少し考えてみた企画があります。
その名も「おしっこ我慢バトル!」
全ては「おねしょ治療法」のある一ページから全てが始まります…あるキャストラキャラ一名(ここからはこの人を発案者と表記)が、ネットや雑誌、または
その本自体を拾ってしまいます。
そこに書かれいた文章『お漏らし、おねしょを治せる』という言葉に惹かれ、実用性もあり実際に効果も出ていると分かってからその治療法のために人を集め
その人達(以降、集められた人たちを集合者、治療法を行う人間全体を治療者と呼ぶ)、その人達と一緒にその治療法に挑む…という物です。
詳しいルールは次に書きます!






  • [793]
  • ウエスタンノワール

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2018年11月13日(火)14時26分52秒
  • 返信
 
そういえばイズミナースはおもらししてなかったですね
普段平和な町そうなので診察中にもらしてもモーリー先生が
優しく介抱してくれそうですね^^
いえいえ、作者は神様ですのでキャラクターを色々操ってください!^^
いかりや校長、普段からヒール役寄りですのがどんな役柄なのか楽しみですね(笑

  • [792]
  • Re: ウエスタンノワール 第一部

  • 投稿者:Lemon Juice
  • 投稿日:2018年11月13日(火)00時15分40秒
  • 返信
 
感想ありがとうございます。
第1部では詩織とイズミがお漏らしをしないまま終わってしまいました(涙)
詩織はおチビリでからかわれましたが、濡れたどうかの描写はしなかったので、
読者様の心の中に答えはあるということで・・・
なんか偉そうなこと書いてしまいました。すんません!
2部のアンカーはいかり校長を登場させようとおもっていますよ。

  • [791]
  • ウエスタンノワール 第一部

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2018年11月12日(月)12時29分9秒
  • 返信
 
宴そして旅たち

ついに第一部完結ですね!

宴ではテキーラを飲みまくる酒豪の二人、それを見守る女性達。
豪快におしっこ宣言するさやかがなんかいいですね~!
お互い譲らない性格のため必然と始まってしまうおしっこ我慢、
だけどあっさりさやかの大開放が始まり恥ずかしい音が響き渡り
そして涼子もついにおもらししちゃいましたね!^^
お互いおしっこもらしながら高笑いだなんて大物感たっぷりで
でも強くて凄腕なのにおしっこだけはやっぱり女性感が漂う雰囲気が
なんとも可愛らしいですね^^
「くさっ」が笑ってしまいました(笑

次の朝も涼子おまけの着衣おもらしサービス、
そして新たに登場した軍とアンカー財団。また一波乱二波乱も何かが起きそうな
暗示を漂わせて一同リバータウンへ…!


楽しかったですよ~お疲れ様でした^^
その場にいたケツが羨ましい楽しそうな宴おもらしでした!
やっぱり創作は楽しいのが一番ですよね。煮詰まると筆も遅くなるし
楽しいと時間もあっという間ですしネ^^
いえいえ~、どんどん投稿大歓迎ですよ、有難うございますね^^b

  • [790]
  • 訂正版(すいません、名前とか間違ってました)

  • 投稿者:Lemon Juice
  • 投稿日:2018年11月12日(月)00時23分18秒
  • 返信
 
キャストラウエスタンノワール 第6話 宴そして旅たち

―決戦から3日後―

モーリー先生の診療所
「それで、もう3日間も大丈夫なんですね」
モーリー先生はやさしくアンジェリカに微笑みかけた。その脇でナースのイズミも安堵の表情を浮かべていた。
「はい・・・。いろいろ複雑な思いは残っていますけど・・・うまく言えないのですが、ジェイクとの対決で何か肩の荷が下りたというか、重い荷物を降ろせた気がします。ジェイクやミリアさんのことを考えると何とも言えない気持ちにもなりますが、でも、お父さんとジェイクのことが結論が出せたことで、何か2年前の呪縛から解き放たれた気がします。」
アンジェリカは少し悲しそうな微笑みを浮かべ、モーリー先生に話した。
「そうか・・・つらかったね。でもこれで夜尿症も収まったようだし、私は安心ですよ。年頃のお嬢さんが、やっぱり夜尿症というのは心苦しかったので・・・」
アンジェリカは少し顔を赤らめてほほ笑んだ。
「今日は、ミゾレさんの店で涼子さんたちと飲むんです。さやかさんたちは明後日にはリバータウンに旅立つのでみんなで騒ごうってなって・・・。」
「飲むのはいいが、ほどほどにね」
モーリー先生の優しい言葉にアンジェリカははにかんで応えた。


ミゾレの店

カラーン、カラーン

アンジェリカがミゾレの店の扉を開く音が鳴ったが、店は大騒ぎだった。
店の真ん中には涼子とさやかがテキーラのショットグラスを積み上げていた。
「よぉ~し、ろうこ(涼子)!まらまら(まだまだ)負けん!」
さやかはショットグラスを一気に3杯あけた。
「ふん!ガキがちょーし乗ってんらねーぇ」
涼子も呂律が回っていなかったがそれに応えた。
よく見るとテキーラの瓶がすでに7本転がっていた。
あわただしくショットグラスにテキーラを継ぐレイカ。
「あ、アンちゃん~。早く一緒に飲もう~♪」
ミゾレもほろ酔いだった。
「アンちゃん、どうする?何、飲む?西部一のバーテン、ケツ様が最高のカクテル作ってやるよ~」ケツも上機嫌でシェイカーを振っていた。
バーカウンターにはリナとカナも座っていた。
「すごい・・・」
アンジェリカは涼子とさやかの飲みっぷりに圧倒された。
「すごいでしょ・・・でもちょっとやりすぎかも・・・」
お酒で顔を赤らめたなびきと詩織が心配そうにみていた。
ガタン!
急にさやかが机に手を着き、椅子を倒して立ち上がった。
そして「おしっこ!」と言って、トイレに向かおうとした。
「おい、逃げるのか~よ。さやか。トヒレ(トイレ)に先に立った方が負けらろ・・・ヒック!」
涼子が絡んだ。
「なひ(何)~、のろむ(望む)ところだ!」
しかし、さやかの足はフラフラの脚で立ち上がったまんま、ショットグラスをまた一杯空けた。
「ろうら~(どうだ~)、ヒック!」
そう言ってショットグラスをテーブルに叩きつけたかと思うとじゅぐっ、じゅぐ・・・というくぐもった音がした。
そして、さやかのベージュのズボンの股間がみるみる内に色濃く染まり始めた。
シューーーーーーっ!じゅぐ、じゅぐ、シューーーーーーっ!
さやかの力強い放尿が彼女の下着を叩きつける音と大陰唇から放出される激しい音とが混じり立った音が店中に響いた。
「う~っ、気持ちいい。」
恍惚の表情を浮かべるさやか。
「ガハハハッ!」
それを見て笑い転げる涼子だったが、彼女の黒いデニム尻からも黄色い尿が溢れだし、椅子に広がり、びちゃびちゃと床に落ちていった。
「俺も、出た!ガハハハッ!」
豪快に失禁しながら笑い転げる二人。
それを見て店内は大笑いになった。
しばらくすると、そのまま二人はテーブルで眠ってしまった。
もちろん二人とも下半身はずぶ濡れだった。
「あっちゃー!」
レイカは苦笑いをしながらモップをもってきて、マユミと二人で床に広がった大人の女性の尿を拭き取った。
「レイカさん・・・さすがに大量ですね・・・」
苦笑いをしながら後始末をするマユミとレイカだった。
「くさっ!」
その匂いは、アルコールを大量に含み黄色く、強烈なにおいを放っていたので、レイカは思わず顔をゆがめた。
「あらら・・・」
ほろ酔いのミゾレはそれを見て笑って「じゃあこれから私たちも飲みますか!」と声をあげた。店は羽目を外した女たちで夜通し盛り上がった。


翌朝
「あ、痛っ、たた」
激しい頭痛で目覚めた涼子は汚れたズボンと体を洗いに店の裏の井戸に向かった。
井戸の横では白い尻をこちらに向けて、ズボンを洗っている女がいた。
さやかだった。涼子の気配に気が付き、さやかは振り返った。
「き、昨日はやりすぎたな・・・」とさやかはバツが悪そうに言った。
「あぁ、ション便、漏らすまで飲んだのは初めてだ」
半笑いで髪をかき上げながら、寝ぼけ眼の涼子が応えたかと思うと、彼女はブルブルっと体を震わした。そして、黒いデニムの両方の裾から黄色液体が流れてきて、しばらくすると股間にもシミが広がった。
面食らった顔でその光景を見つめるさやかに涼子はあっけらかんと次のように言った。
「めんどくせぇ、どうせこれから洗うしな」
そう言って、井戸からくみ上げた水を頭からかぶった。
白いシャツも濡れ、涼子の肌が透けて見えた。
涼子は濡れた服をすべて脱ぎ、たらいに入れ真っ裸で足で踏み洗いを始めた。
「相変わらず、豪快だな・・・」
「ところで、リバータウンに何しに行く?確かデカい町だから無法者も多く訪れるだろうが、あの町は軍もいるし、アンカー財団の私兵もいて治安はいいはずだ。メシの食い扶持なんてあんのか?」
苦笑するさやかに涼子は平然と聞いた。
「その治安の良さがメシの種なんだよ。」
「うん?」涼子は首を傾げた。
「リバータウンではそのアンカー財団が町を牛耳っていて、治安を維持している。腕のいいものは高い値段で用心棒に雇ってくれるらしい。しばらく金を稼ぐにはいいかと思ってね。」
「そうか、軍にアンカー財団となんかきな臭いが、まぁそのきな臭い分、金はよさそうだな。俺も足のケガが治ったら行ってみるか。」
涼子の全裸になった肢体は朝日に照らされ美しく輝いていた。

そして次の日、さやかたちガーディアンエンジェルスはリバータウンに向かった。
荒野に三人の女ガンマンが馬に乗る姿は美しく、見送る者たちを魅了した。

第1部完結 第2部へ続く


  • [789]
  • キャストラウエスタンノワール 第1部完結

  • 投稿者:Lemon Juice
  • 投稿日:2018年11月12日(月)00時16分29秒
  • 返信
 
いや~ウエスタンの話、書いていてめっちゃ楽しかったです。
場所を荒らして申し訳ございません。
最後に涼子とさやかがおもらししちゃいました!
2部も書きたくなっているので、またしばらく掲示板を荒らしますが
お許しください。

  • [788]
  • キャストラウエスタンノワール 第6話 宴そして旅たち

  • 投稿者:Lemon Juice
  • 投稿日:2018年11月12日(月)00時14分37秒
  • 返信
 
キャストラウエスタンノワール 第6話 宴そして旅たち

―決戦から3日後―

モーリー先生の診療所
「それで、もう3日間も大丈夫なんですね」
モーリー先生はやさしくアンジェリカに微笑みかけた。その脇でナースのイズミも安どの表情を浮かべていた。
「はい・・・。いろいろ複雑な思いは残っていますけど・・・うまく言えないのですが、ジェイクとの対決で何か肩の荷が下りたというか、重い荷物を降ろせた気がします。ジェイクやミリアさんのことを考えると何とも言えない気持ちにもなりますが、でも、お父さんとジェイクのことが結論が出せたことで、何か2年前の呪縛から解き放たれた気がします。」
アンジェリカは少し悲しそうな微笑みを浮かべ、モーリー先生に話した。
「そうか・・・つらかったね。でもこれで夜尿症も収まったようだし、私は安心ですよ。年頃のお嬢さんが、やっぱり夜尿症というのは心苦しかったので・・・」
アンジェリカは少し顔を赤らめてほほ笑んだ。
「今日は、ミゾレさんの店で涼子さんたちと飲むんです。さやかさんたちは明後日にはリバータウンに旅立つのでみんなで騒ごうってなって・・・。」
「飲むのはいいが、ほどほどにね」
モーリー先生の優しい言葉にアンジェリカははにかんで応えた。


ミゾレの店

カラーン、カラーン
アンジェリカがミゾレの店の扉を開く音が鳴ったが、店は大騒ぎだった。
店の真ん中には涼子とさやかがテキーラのショットグラスを積み上げていた。
「よぉ~し、ろうこ(涼子)!まらまら(まだまだ)負けん!」
さやかはショットグラスを一気に3杯あけた。
「ふん!ガキがちょーし乗ってんらねーぇ」
涼子も呂律が回っていなかったがそれに応えた。
よく見るとテキーラの瓶がすでに7本転がっていた。
あわただしくショットグラスにテキーラを継ぐレイカ。
「あ、アンちゃん~。早く一緒に飲もう~♪」
ミゾレもほろ酔いだった。
「アンちゃん、どうする?何、飲む?西部一のバーテン、ケツ様が最高のカクテル作ってやるよ~」ケツも上機嫌でシェイカーを振っていた。
バーカウンターにはリナとカナも座っていた。
「すごい・・・」
アンジェリアは涼子とさやかの飲みっぷりに圧倒された。
「すごいでしょ・・・でもちょっとやりすぎかも・・・」
お酒で顔を赤らめたなびきと詩織が心配そうにみていた。
ガタン!
急にさやかが机に手を着き、椅子を倒して立ち上がった。
そして「おしっこ!」と言って、トイレに向かおうとした。
「おい、逃げるのか~よ。さやか。トヒレ(トイレ)に先に立った方が負けらろ・・・ヒック!」
涼子が絡んだ。
「なひ(何)~、のろむ(望む)ところだ!」
しかし、さやかの足はフラフラの脚で立ち上がったまんま、ショットグラスをまた一杯開けた。
「ろうら~(どうだ~)、ヒック!」
そう言ってショットグラスをテーブルに叩きつけたかと思うとじゅぐっ、じゅぐ・・・というくぐもった音がした。
そして、さやかのベージュのズボンの股間がみるみる内に色濃く染まり始めた。
シューーーーーーっ!じゅぐ、じゅぐ、シューーーーーーっ!
さやかの力強い放尿が彼女の下着を叩きつける音と大陰唇から放出される激しい音とが混じり立った音が店中に響いた。
「う~っ、気持ちいい。」
恍惚の表情を浮かべるさやか。
「ガハハハッ!」
それを見れ笑い転げる涼子だったが、彼女の黒いデニム尻からも黄色い尿が溢れだし、椅子に広がり、びちゃびちゃと床に落ちていった。
「俺も、出た!ガハハハッ!」
豪快に失禁しながら笑い転げる二人。
それを見て店内は大笑いになった。
しばらくすると、そのまま二人はテーブルで眠ってしまった。
もちろん二人とも下半身はずぶ濡れだった。
「あっちゃー!」
レイカは苦笑いをしながらモップをもってきて、マユミと二人で床に広がった大人の女性の尿を拭き取った。
「レイカさん・・・さすがに大量ですね・・・」
苦笑いをしながら後始末をするマユミとレイカだった。
「くさっ!」
その匂いは、アルコールを大量に含み黄色く、強烈なにおいを放っていたので、レイカは思わず顔をゆがめた。
「あらら・・・」
ほろ酔いのミゾレはそれを見て笑って「じゃあこれから私たちも飲みますか!」と声をあげた。店は羽目を外した女たちで夜通し盛り上がった。

翌朝
「あ、痛っ、たた」
激しい頭痛で目覚めた涼子は汚れたズボンと体を洗いに店の裏の井戸に向かった。
井戸の横では白い尻をこちらに向けて、ズボンを洗っている女がいた。
さやかだった。涼子の気配に気が付きさやかは振り返った。
「き、昨日はやりすぎたな・・・」とさやかはバツが悪そうに言った。
「あぁ、ション便、漏らすまで飲んだのは初めてだ」
半笑いで髪をかき上げながら、寝ぼけ眼の涼子が応えたかと思うとブルブルっと体を震わした。
黒いデニムの両方の裾から黄色液体が流れてきて、しばらくすると股間にもシミが広がった。
面食らった顔でその光景を見つめるさやかに涼子はあっけらかんと次のように言った。
「めんどくせぇ、どうせこれから洗うしな」
そう言って、井戸からくみ上げた水を頭からかぶった。
白いシャツも濡れ、涼子の肌が透けて見えた。
涼子は濡れた服をすべて脱ぎ、たらいに入れ真っ裸で足で踏み洗いを始めた。
「相変わらず、豪快だな・・・」
「ところで、リバータウンに何しに行く?確かデカい町だから無法者も多く訪れるだろうが、あの町は軍もいるし、アンカー財団の私兵もいて治安はいいはずだ。メシの食い扶持なんてあんのか?」
苦笑するさやかに涼子は平然と聞いた。
「その治安の良さがメシの種なんだよ。」
「うん?」涼子は首を傾げた。
「リバータウンではそのアンカー財団が町を牛耳っていて、治安を維持している。腕いいものは高い値段で用心棒に雇ってくれるらしい。しばらく金を稼ぐにはいいかと思ってね。」
「そうか、軍にアンカー財団となんかきな臭いが、まぁそのきな臭い分、金はよさそうだな。俺も足のケガが治ったら行ってみるか。」
涼子の全裸になった肢体は朝日に照らされ美しく輝いていた。

そして次の日、さやかたちガーディアンエンジェルスはリバータウンに向かった。
荒野に三人の女ガンマンが馬に乗る姿は美しく、見送る者たちを魅了した。

第1部完結 第2部へ続く


  • [787]
  • 続きです

  • 投稿者:マ太郎
  • 投稿日:2018年11月11日(日)22時30分43秒
  • 返信
 
屋上から零の
かわいいお尻が大公開されちゃいましたね!
まあカメラ持ってるような人もいないし、誰なのかもわからなかったようです。
本人はちょっとパンツ着てる事忘れてたぐらいの認識なので大丈夫でしょう!

工場見学の時は逃げるというより零は尿意に立ち向かっていた
と感じたようです。安心してください、服や顔は映されてませんよ!

う〇ちですか…そうですね、多分したくなったら
急いで始末出来そうな場所に行って、何とか始末すんじゃないでしょうか?



  • [786]
  • たまには景色見ながらお弁当食べたいですね

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2018年11月11日(日)21時58分14秒
  • 返信
 
了解です~^^b

  • [785]
  • 準備中でーす!

  • 投稿者:マ太郎
  • 投稿日:2018年11月11日(日)17時09分57秒
  • 返信
 
感想ありがとうございます!

誰もいない日に校庭を上から見ながらお弁当を食べるという満足感に浸りたかったので一人ですよー!
残りはまた後で!

  • [784]
  • 投稿小説

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2018年11月11日(日)06時13分7秒
  • 返信
 
おはようございます、マ太郎さん

屋上ノーパン事件
晴れた日なんかで屋上でお弁当食べたら美味しそうですね~
屋上ならまだしも校庭の生徒にまで見られて大変ですね、零^^;

社会科見学大公開事件
高級千里茶はがぶ飲み危険ですぞ!(笑
初めての工場や建物は私もトイレの場所迷うこと何度もありますから
わかりますね~。
なんとタッテシヨウヨのトイレはここで開発していたんですね^^
しかも新型スワッテラクチン!
タッテシヨウヨのトイレもなかなかえぐいですがスワッテラクチンも
下半身丸見えでこれもなかなか酷なトイレですね(笑

逃げても逃げてもカメラで丸写しにされる零、
男子生徒はどんな気持ちで眺めていたのか想像しちゃいますね~
ピンクな空気というのもなかなか初めて聞く言葉で面白いです^^
男子も女子も興奮してそうですね!


零ちゃんもたまには便秘になり街中でもよおしたらおしっこのように
さっと出してさっと逃げるのはなかなか難しそうですね^^
それでもやっぱり正義感強そうな子だから自分のう○ちは後で
回収してマナーを守りそうですね^^

ええ、いつでも投稿お待ちしておりますよ~^^b

  • [783]
  • ありがとうございます!

  • 投稿者:マ太郎
  • 投稿日:2018年11月10日(土)12時41分0秒
  • 返信
 
傷ついたりすることはないのでご安心を!
便秘から解放されてスッキリする所もよいですね!

野〇ソを一旦回収しないといけないほど多く出しちゃったら
大騒ぎになっちゃいますから、仕方ないです。大慌てで運び出しますよ!

投稿小説送れてよかったです!また後でおまけを書くかもなのでお楽しみに!
感想待ってます!

  • [782]
  • いらしゃいませ~

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2018年11月10日(土)02時38分5秒
  • 返信
 
こんばんは、マ太郎さん

ちん○んの様に雫を振り払うのは相当なお尻ふりふり振動なんですね^^
ちょっぴり想像してしまいました(笑
前におしっこを勢いよく出そうとしたら尿道が傷ついて出血が…!(笑
まあ構造が違うだろうけど零ちゃんは傷つかないように気をつけないとですね^^

大量脱○… 名前からして想像がつきますが大量と謳ってるからには
きっとすんごい大量なんでしょうね><
でもお腹の中が一気になくなるのでスッキリ感が結構ありそうですよね^^
便秘一斉解放の日で健康になってもらいたいですね!

大食いの女性タレントもやっぱり大量なのかなぁと想像してしまいますが
トイレで流れないくらいのう○ちを自身で見ちゃったら恥ずかしいのかな~
人にバレたら普通のう○ちを見られるよりは相当恥ずかしいでしょうけどね^^

野○ソを自分で回収もなかなか人には見せられない姿ですよね~
スペシャルな妄想有難う御座いました^^

投稿小説有難う御座いますね!
後ほどゆっくり読ませて頂きます~^^b









こんばんは、Lemon Juiceさん

いえいえ、なんかネタバレちっくな感想ですけどネ…^^;(ゴメンナサイ

普段とはまた違った性格のキャラもまた斬新ですよね(さやかとかリナカナ)
各々の個性が際立っていて世界観に引き込まれてしまう感じですよ^^

第2部はまた別な事件が発生するのか楽しみですね^^

  • [781]
  • 最近聞いた事

  • 投稿者:マ太郎
  • 投稿日:2018年11月10日(土)00時44分36秒
  • 返信
 
最近耳にしたのですが、「大量脱〇」というジャンルの物が世の中(主に海外らしいですが)あるようです。通常ではありえない量を排泄してしまうという物らしく、少し興味を惹かれました。キャストラージュの子達の中で
う〇ち娘と言えば美雪だと思いますが、大食い大会に出てしまった後とか、
半年に一回来る「便秘一斉解放の日」とかのシチュエーションで出来そうです。

このままお腹の中のう〇ちを開放すれば確実にトイレが詰まってしまう。
かと言って無理やり排泄中に我慢を繰り返して流して…と繰り返すわけにもいかない。
家にたどり着いたものの、どうするべきか…と考えて、
いつでも流せるお風呂場で下半身裸の状態で排水口にむかってう〇ちを出したり、

最終手段で家にあったポリバケツに向かってするため、匂いのこもらないベランダで飛沫がかからないように下半身裸で恥ずかしがる暇もなくう〇ちを出して恥ずかしそうにバケツを動かしたり、

家に行く前に雑木林に一直線に向かい、
お尻を剥き出しにして野〇ソを決行。お尻を拭うためにティッシュだけでなくパンツまで使う羽目になってしまい、予想以上に大きな塊として出てきたう〇ちを
回収&処理するためにそのままの恰好で行ったり来たりするはめになったり…

などの妄想が浮かんできました。


  • [780]
  • 零のおしっこ事件簿

  • 投稿者:マ太郎
  • 投稿日:2018年11月10日(土)00時16分59秒
  • 返信
 
・「屋上ノーパン事件」
学校の昼休みにおしっこを無事に終えられたものの代償としてパンツをびしょ濡れにしてしまった零。雫はパンツを素早く脱ぎ捨て何食わぬ顔で昼食を食べ始める。しかし零が今日お弁当を食べる場所は何と屋上!
うっかりしていた零は思いっきりお尻を見せつけてしまい、それを
校庭にいるごく少数生徒に見られてしまう!幸い後から気付き顔を赤くしつつもスカートを直した零。最後は懲りずに屋上で死角になる場所で残尿を処理した。

・「社会科見学大公開事件」
社会科見学に行った日の事、トイレ会社に行った零達だったが、
がぶがぶ飲んでしまったおいしい「高級千里茶」の飲みすぎで
会社説明の時点でおトイレ探しに出かけてしまう零。

おトイレ離脱に慣れているクラスの生徒や担任は全く気にせず
帰ってくるのを会社の案内をしてくれる職員さんの解説を聞きながら待つことに。

トイレの歴史を語ってもらった後は何と、今回ここの会社で作られている最新型のトイレが実際に作動する仕組みを見せてもらえるという事で場が盛り上がる。

一方その頃迷いやすい社内をピョンピョン我慢しながら探索する零。手あたり次第トイレのありそうな所を探してみるも、会社に描かれている地図では道が描かれていない場所があったり、見通しが悪すぎて迷いまくる。

段々人のいないような場所にまで来てしまい、膨れ上がった尿意に屈しそうな零。

こうなったらあの禁断の技を使うしかないかと「廊下の隅か空き部屋」
を見つめつつパンツをずり下ろす…その瞬間、

一つだけ開いた扉からのぞくトイレの便器!
その瞬間屈しかけていた尿意を必死に黙らせ
ダッシュでトイレに向かう…!
特殊なセンサーらしき物を潜り抜け、トイレにたどり着いた零。

ぴっかぴかの余り見ないタイプのトイレだが、もう関係ない。和式トイレの要領で腰を下ろした零。そしてついに
おしっこが放たれ…

最新型のトイレの仕組みを分かりやすく説明するため遠隔操作でトイレの仕組みを解説しようと職員さんがカメラを切り替えたその瞬間、
猛スピードで女の子らしき影が腰を下ろし、カメラにはドアップでお尻とアソコが映ってしまった!

そう、あの時零が偶然飛び込んでしまった部屋はタッテシヨウヨ国で配備される予定だった最新型便器、『スワッテラクチン』!

個室の和風便器のような設計だが、使用者が気付かないように
下半身をほぼ丸見えにする代わりに、快適なトイレ空間を演出してくれる
優れものだ!

零はその最新型トイレの実演用カメラ付きの場所でおしっこをしてしまったのだ!

幸い使用者の顔は全く映っていないものの、気持ちよさそうな吐息や圧倒的なおしっこの効果音はマイクが拾い、女の子の大事な所を余すことなくカメラは映してしまった。

当然それを見ていたクラスは大混乱。真っ赤になってみんなじーっとその場で固まってしまった!

ようやく零が排尿を終える頃、正気に戻った職員が慌てて
他の職員に連絡するも、向かった先のトイレはその頃にはもぬけの殻。

高級千里茶を飲みすぎた零はすでに新しいトイレを求め向かっていたのだ!

(途中で展示されている最新型トイレだと気づき恥ずかしくて他のトイレにしにいったのもあるが)

ピンクになってしまった空気を解説する時間で上書きにした後、
今度こそと他の開発したトイレを映すも、何故か使用者がいる!
ドンピシャでカメラ中継と被りまくるおしっこをしてしまう零。
本人の無意識な逃走スキルにより、追っ手を交わしながら、高級千里茶によって
増えた尿意を零は処理し続けた。

その後も流される盗撮風味な光景に動揺したり興奮したり顔を真っ赤にする
生徒達。次第に引き込まれる職員まで現れ始め、何とか社会科見学は進ませることは出来たものの、クラスはピンクな空気に包まれたままであった。

一方零は、ようやく尿意が引いた頃に帰還。展示物におしっこしてしまった事は恥じらいつつも、ちゃんと流したし大丈夫でしょと安心して友達の元へ向かうのでした。

その後、その会社では今回の騒動を「トイレ泥棒」と言ったとか言わないとか…
零の中学校もしばらく話題になったのは、また別のお話。





  • [779]
  • こんばんは!

  • 投稿者:マ太郎
  • 投稿日:2018年11月10日(土)00時16分13秒
  • 返信
 
え、雫ちゃんはおねしょとお漏らしはある程度克服していますが、
その代償に外でのおしっこ回数が増えちゃったんですよ~

おしっこしてる姿って男女ともに印象に残りますよね
そんな夢をお届けできる存在に雫ちゃんをしていきたいと思います!
私は至近距離で見たのは同級生(男)の立ちションでしたけどね(笑)

ご安心ください。野ションの際は急いでいても必ず一回は素早く立ち去る際にお尻を振って出来るだけおしっこを落とすのでかなり清潔だったりしますよ!

波乱万丈な零ちゃんの排泄事情を零ちゃんは抱えているのです。
(まあ悩んでいるといっても彼女は前向きですが)
前向きすぎて伝説を作ってしまった事もあるのです!
(前のレスの事件の詳細はは次のレスで書きます。)

確かにそうですね。彼女にとって自宅のお風呂はオアシスです。
幼少のころからトイレに行く前に間に合いそうにないおしっこをここに撒いていているので、
きっと誰にも見せないような幸せな顔でおしっこしていると思います。
最近の練習内容は野ション時の高速離脱のためのおしっこ光速出しと、
我慢の限界まで我慢し、少しずつ飛距離を伸ばすトイレ我慢耐久訓練をしているようです。

  • [778]
  • Re: ウエスタンノワール決戦

  • 投稿者:Lemon Juice
  • 投稿日:2018年11月 9日(金)22時28分4秒
  • 返信
 
感想ありがとうございます。
ウエスタンワールドは話の幅が広がり書いていて楽しいです。
それにキャラを際立たせることもできるのがまたいいですね。
第2部の構想もあるので早く1部を完結させて次回作を書いてみたいですね。

  • [777]
  • いらしゃいませ~

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2018年11月 9日(金)02時24分22秒
  • 返信
 
こんばんは、マ太郎さん

おねしょが何気に強い子で、おもらしは月に一回で野ションの回数多いですね!(笑
毎日のように学校帰りにどこかでお尻丸出しでおしっこしてるんですね^^
小学校や中学校で好きな女の子が野ションをしてる現場見たら大人になっても
その光景はずっと焼きついているんだろうな~… ヘタしたら定期的に夢に出ちゃいますね~^^(大歓迎)

きっとアソコが濡れたまま拭かずにマッハおパンツ穿きだから
持っている下着のほとんどは黄色い恥ずかしいシミが付いているのかな…
そしてなかなかいくつか波乱万丈な事件を経験してるんですね、零たん
お風呂でおしっこしているときがなんとなく一番幸せそうな微笑を浮かべていそうですね^^

ログが流れてしまいますのでとりあえずリクエストキャラクターに記載させて頂きました
有難う御座いますね^^

  • [776]
  • また小ネタです!

  • 投稿者:マ太郎
  • 投稿日:2018年11月 8日(木)23時50分10秒
  • 返信
 
最近小ネタばっかで申し訳ないです。
ちょっと考えたのですが、この前のメインキャラに追加してもらった情報を
自分も考えてみました!



●おもらし頻度
一ヶ月に1回
●野ション頻度
一週間に5~7回(下校する際はほぼ必ず間に合わないため)
●ギリギリセーフ
5回に1回は危なくギリギリ間に合う
●おねしょ
半年に一回(小さい頃にはよくやった)

それと返信を…
そうですね。辻お〇っこは…切羽詰まったらやると思います(笑)
下半身丸出しの状態になるのは相当切羽詰まって放尿して気が緩んだり
すればなっちゃいますねwただ瞬間的に下半身を出したりするのは
(本人も無意識の内に)慣れてしまっています。
それと彼女の野〇ョンは成功ばかりではなく、失敗や未遂も結構あり、
「屋上ノーパン事件」とか、「社会科見学大公開事件」など、ある意味
忘れられない事件があったりします。(いずれも直接的なダメージは零にはあまりなかったりしますが)
また、項目にはありませんがお風呂おしっこ常習犯です。
(最近は結構尿意をコントロールする訓練的な意味合いを出してお風呂場で
水芸を楽しんでいます。…主目的を忘れてる事が結構多いですが)

ちょっとだけおふざけで設定的な物を妄想してみました!

  • [775]
  • ウエスタンノワール決戦

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2018年11月 7日(水)01時26分1秒
  • 返信
 
こんばんは、Lemon Juiceさん

決戦①、②読ませて頂きました^^

レッド・コブラがついに町に攻め込んできましたね~!
恐怖で人々は家に閉じこもり襲撃を阻止せんと立ち向かう仲間の面々。
だがこの前の恐怖も重なりおもらし第1号となってしまう佑香。
親玉グレッグ登場で門も速射砲であっさり突破され
荒れ狂う男どもが押し寄せあえなくマユミも第2号に…。
だがよく見ると尋常じゃない軍勢。
狂気を滾らせ捕まれば忽ち脳みそならぬ強姦されてしまう恐怖はさながらゾンビの様でした。
なびきも捕まり失神のおもらしという切ない3人目の被害者に…。
ついにジェイクとアンジェリカが対面、そしてグレッグと涼子の対決に。
涼子の危機に駆けつけたアンジェリカがグレッグに撃たれるもなんとかグレッグを仕留める涼子。
ジェイクの援護を阻止するリナもジェイクの前では恐怖で失禁してしまう…
父親や兄に見られて顔が真っ赤のリナが可愛いですね^^

ジェイクの行動、なぜマイクを撃ったのか、全ては娘さんのためだったんですね。
ジェイクを狂わす娘さんの存在が危険と判断したためマイクの射撃は正しかったけど
敵とはいえ目の前で娘を殺されるのは辛かったんですね…。
娘の命がもう持たないことを悟りアンジェリカの手で自身の生命を絶つジェイク。
マイクの気持ちも分かるしジェイクの気持ちも分かるからなんとも悲しい事件だったんですね…。
マイクがどちらに行ったのか問いかけるジェイクが切ないです。

親玉グレッグも死にジェイクも死んでレッド・コブラは壊滅に追い込まれるのか
この先涼子、アンジェリカ、ガーディアンエンジェルスはどこへ向かうのか…。
曇りが晴れたアンジェリカも強くたくましく生きていけるでしょう!

有難う御座いますね!アンジェリカが撃たれた時鳥肌が立ちましたよ!^^

次回作楽しみにしておりますね!^^b

  • [774]
  • ウエスタンノワール

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2018年11月 6日(火)03時09分15秒
  • 返信
 
有難う御座いますね、自分に知識が無いのが悔やまれます…^^;

主に茶色や黒系のデザインが多いですし清楚な女性はドレスの様な純白が素敵ですし
言われてみると西部劇って大人のイメージが結構ありますから
アダルト好きなLemon Juiceさんが好むのも納得できますよね

いくつか上げて頂いた江戸時代小便組や涼子戦国時代アイデアもすごく良かったですけど
今回の洋風テイストもキャラ達にバッチリ似合っていましたよ^^

西部劇はほぼバイオレンスですもんね~ 恐怖失禁や拷問も自然の流れで想像できますよね
おねしょだって西部時代にも存在していたと思いますし
投稿小説第08話でのバイオレンスもLemon Juiceさんならではの嗜好が垣間見れましたからね^^

得意分野でのおもらし、また楽しみにしております^^b


  • [773]
  • Re: いらしゃいませ~

  • 投稿者:Lemon Juice
  • 投稿日:2018年11月 5日(月)23時44分34秒
  • 返信
 
挿絵いつも楽しみにさせていただいております。
世界観もばっちりで最高ですよ。

ふとなんで西部劇にしたのかなぁと振り返ってみました。
まずは衣装がかわいい!
チャンバラも考えましたがおもらしをテーマにすると衣装のシミがイメージしにくいなぁ
ということがあり西部劇を選びました。

あとは恐怖失禁など普段は描きにくい状況をこの世界観なら描きやすいと思いました。
他にもバイオレンスなエロシーンも書きやすいですしね・・・

結構この世界観好きかもしれないです。

  • [772]
  • いらしゃいませ~

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2018年11月 5日(月)02時35分40秒
  • 返信
 
こんばんは、Lemon Juiceさん

私もインディアンや西部劇の衣装、この投稿がきっかけで初めて勉強させて頂きました。
思わずその世界に入り込んでしまう魅力的な内容で且つおもらしもしっかり忘れない精神、
いや、Lemon Juiceさん暴君パワー健在の内容で楽しませてもらいましたよ^^
短期の投稿、本当にお疲れ様でした!
私の絵なんてまだまだイメージにそぐわないと思いますが協力させて頂きました^^

決戦投稿有難う御座いますね!早速更新してゆっくり読ませて頂きます。
こちらこそ有難う御座いますね^^b






こんばんは、マ太郎さん

平然と歩いて立ち去る彼女の後ろには
見事なおしっこの水たまりがあるわけですね^^

しかも下半身丸出しで歩いていたら… 大人になってもその辻ションしてほしいですね^^b

なるほど、さらに健康特異体質の持ち主でしたか!

  • [771]
  • キャストラウエスタン ノワール 第1部そろそろ

  • 投稿者:Lemon Juice
  • 投稿日:2018年11月 5日(月)00時55分16秒
  • 返信
 
第1部をそろそろ終わろうと思います。
最後は涼子とさやかに恥ずかしい思いしてもらってしめたいです。
現実社会でなかなかかけない失禁シーンやかわいい衣装を再現したいと
おもって書き出したこの企画、書いていて楽しくって短期にたくさん
投稿してしまいました。
挿絵もたくさんありがとうございます!


  • [770]
  • キャストラウエスタン ノワール 第5話 決戦②

  • 投稿者:Lemon Juice
  • 投稿日:2018年11月 5日(月)00時52分3秒
  • 返信
 
キャストラウエスタン ノワール 第5話 決戦②

町の入り口付近

「ジェイク!どうして!」
アンジェリカは涙混じりの声でジェイクに叫んだ。
「アン!冷静になれ!」
涼子にたしなめられるが、ジェイクの顔を見ると父親のことや昔のことを思い出し冷静でいられないアンジェリカだった。
「うるせー!」
バリバリバリッ!
若い女は速射砲を二人に向けて撃ち放った。
若い女は露出度の高い服を身に着けていたので、その白い腹回りが見えていた。
その腹には大きな銃痕が残っていた。
「ミリア、その辺でやめておけ。俺様の首を獲ろうなんざ、どれほど身の程しらずな奴なのか顔を拝んでやる。」
グレッグはそういうと涼子に向かって叫んだ。
「ノワール涼子!正々堂々と一騎打ちを申しでる!」
グレッグはそう言って前に出た。
しかし、その後ろでは速射砲が狙っていた。

「こんなの卑怯です!」
アンジェリカは前に出ようとする涼子の肩をつかみ涼子を止めた。
「まともな一騎打ちなんてありえません、速射砲でミンチにされますよ!」
アンジェリカは必死で涼子を止めた。
優しい笑顔で涼子は応えこう続けた。
「俺を誰だと思ている?」そう言って手を振り払いグレッグと対峙した。
「ほうぉ、いい度胸したねーちゃんじゃねぇか。」
そう言ってホルスターに手を置いた。
「勝負だねーちゃん。」
イヤらしい笑いをグレッグは浮かべた。
その時、またカミナリのような音が響いた。
速射砲が涼子に向かって放たれた。
涼子は転がるように回避したが、それを狙いすましたかのようにグレッグが銃を抜いた。
バーン!
銃弾は涼子の右頬をかすめた。
「はん?動きだけは素早いな!ミリア、足ぐらいつぶせ!」
グレッグはミリアに檄を飛ばした。
「的が近すぎて狙いが難しいんだよ。こいつは一人の人に狙いを定めるもんじゃないからな。人間なんざ、コイツに当たればミンチだよ!」
ミリアは狂ったような笑いを浮かべ応えた。
「さぁ姉ちゃん、どうする?今、助けを乞えば命だけは助けてやる。その代わり俺が飽きるまで俺のおもちゃになれ。」
グレッグは下品な微笑みで涼子に銃を向けた。
「ふざけんじゃ、ねぇ。てめぇのチンポくわえるくらいなら、ミンチになってオオカミの餌になった方が人間らしいぜ。」
そう言って銃口をグレッグに向けて引き金を引いた。
「何!」
グレッグは慌てて引き金を引いたがその瞬間、数発の銃声が響き渡った。
一瞬遅れたグレッグの弾丸はわずかに逸れ、転がるように打ち込む涼子の右足をとらえた。
そして涼子の弾丸はグレッグの左肩を貫いた。
さらに涼子は引き金を引いた。
グレッグをとらえたはずだった。
カチャ!
「何!」
涼子の銃の弾が切れてた。

「涼子さん!」
アンジェリカが二丁拳銃を速射砲に向けて援護射撃をしながら走ってきた。
しかし、そこにジェイクの正確な射撃が襲った。
アンジェリカは胸を撃たれて倒れた。
マシンのように冷たく、そして無表情のままジェイクがアンジェリカを撃ちぬいていた。
荒野に倒れこむアンジェリカ、それを見て涼子が叫ぶ。
「アン!」
しかし、涼子の前にはグレッグが立ちはだかった。
「涼子!終わりだな。」
そう言ってグレッグは涼子に近づいてきた。
ミリアは速射砲の砲座でサディスティックな笑い声をあげていた。
グレッグは涼子の前に立ち、銃を構えた。
「どうだい?気が変わったか?俺のおもちゃになれよ。」
グレッグはいやらしい顔つきで繰り返した。
「ふざけんなって言ってんだろ!」
そう言うと持っていた銃をグレッグの顔面に投げつけ、タックルをするように銃を持つグレッグの右手に飛びついた。
「なんだ、このアマ!」
必死に振り払おうとするグレッグだがそのまま二人はもんどりを打って転がった。
「ちくちょー、これじゃ速射砲で撃てねぇ!」
ミリアはいらだった。
そして涼子はグレッグの銃をグレッグの腹にあて引き金を引いた。
「うっ!」
グレッグのうめき声とともに彼の体重が涼子に掛かってきた。
それを見て、ジェイクが銃を構えようとしたとき、ミリアに向けて3本の矢が飛んできた。
ジェイクは素早い反応でポンチョを投げ、矢をからめとった。
そして、矢の飛んできた方向へ正確な射撃をした。
馬が一頭転がった。
そして、弓矢をもったカナが荒野に叩きつけられた。
「リナ、あとは頼んだよ!」
からめとったポンチョの死角からリナがトマホークを振り下ろしながら降ってきた。
「えーい!」
リナの雄たけびが荒野に響き渡った。
「銃を持っていては間に合わんか・・・」ジェイクはとっさにそう判断し、銃を捨て左手でトマホークを持つリナの手首を捉え、右手で流すように倒した。
「何!」
リナが気付いた時には背中から叩きつけられていた。
「げほっ!」
背中から強くたたきつけられ、むせるリナだが、ジェイクは容赦なく攻撃をつづけた。
そのまま革のジャケットをつかんでリナ頭を地面に数回叩きつけ、ブーツからナイフを取り出しリナの胸を躊躇なく貫こうとした。
「ひっ!」
リナは恐怖で身が凍った。
シューーーーーーっ!
リナ股間からは尿が意志とは関係なく漏れ出していた。
ショートパンツには扇形のシミが広がり尻の下には大きな水たまりができた。
しかしそれと同時に、「痛い!」というミリアの悲鳴が聞こえた。
その声に過敏に反応したジェイクはミリアの方をみると、一本の矢がミリアの背中を背後から貫いていた。
そして複数の矢がミリアめがけて飛んできた。
「ミリア!!!」
ジェイクは身を挺してミリアに向かって飛んできた弓矢を受けた。
ジェイクは倒れるようにミリアをかばった。
振り返るとインディアンの多くの軍勢がジェイクたちを取り込んでいた。
「パパ!」
リナは声をあげた。
「リナ、カナ、もう少し落ち着いて行動するように言ってるだろ・・・まぁ今回はお前たちが飛び出してくれた結果、よかったみたいだがな(笑)。うん?リナ?どうした?」
悪戯ぽくインディアン酋長はリナを見て笑った。
「あっ!これは・・・あわあわ・・・」
リナは慌てて股間を隠した。
「おい、おい、インディアンの娘がカッコ悪いなぁ(笑)」
「おにーちゃん!」
リナはケータに失禁をからかわれて顔が真っ赤になった。

「お父さん・・・」
「ミリア」
ジェイクは倒れこむようにミリアを抱きしめた。

「お父さん?」
アンジェリカがその声に反応し、ゆっくりと立ち上がった。
「アン!」
驚いたような声をあげた涼子。
アンジェリカは保安官バッジを涼子に見せてほほ笑んだ。
「お父さんが守ってくれたようです。さすがに衝撃で気は失いましたが・・・」
よく見ると保安官バッジの真ん中に弾丸が突き刺さっていた。
ジェイクの正確な射撃のおかげで助かったのだろう。
ゆっくりジェイクの方に近づき、銃を構えた。
「ジェイク・・・どうして?」
銃口を向けたままアンジェリカは立っていた。
「立派になったな。アン。その銃で俺を撃ちぬいてくれ。ミリアはもう死ぬ。胸を貫かれている。こいつがいなくなれば、俺にもう生きる意味などない。」
「どういうことなの?ジェイク!教えて。なぜ、あなたがお父さんを殺さなければいけなかったの?教えて!」
アンジェリカは語気を強めて聞いた。
「あの日な・・・人質とされていた女な・・・グレッグとグルの女・・・ミリアは俺の娘だったんだ。ずっと会いたかった一人娘・・・。俺は迫られた。娘を救うか、仲間のマイクとお前、アンを救うか・・・でもな・・・マイクは勝負には非情だった。マイクはグレッグのグルだとわかり、ミリアが俺を迷わせているとわかった瞬間、ミリアを躊躇なく撃ちやがった・・・。マイクの判断は正しかった・・・それはわかる・・・しかし、娘が殺されることに耐えられなかった。気が付いたときには俺はマイクの腹を撃ち、そしてお前の前でマイクを殺した・・・。ミリアは下半身不随になったが一命をとりとめた。ミリアはグレッグたちと行動を共にすることですでに壊れていた。
クスリもやっていたようだった。俺はお前とマイクを裏切り、ミリアを選んだ時から地獄を歩くと決めたんだ・・・」
ジェイクはミリアを抱きしめ語った。
「・・・・・」
アンジェリカは言葉が出なかった。
「・・・お父さん・・・天国ってあるのかなぁ・・・はぁはぁ、またグレッグと遊べるかなぁ・・・お父さん・・・」
ミリアはそう言って息を引き取った。
ジェイクは強くミリアを抱きしめアンジェリカに言った。
「アン!お前も死んでくれ!」
そう言ってホルスターに手をかけ、アンジェリカに銃を向けた。
とっさにアンジェリカは二丁拳銃を放った。
見事にジェイクの腹を捉え、ジェイクはミリアに覆いかぶさるように倒れた。
「えっ?」
しかし、よく見るとジェイクの右手には銃は握られていなかった。
アンジェリカはジェイクが銃を抜かなったことに気付き憤りを覚えた。
「どうして!ジェイク!」
アンジェリカは悲痛な声をあげた。
「ありがとう・・・これで・・・地獄で娘と仲良く暮らせる・・・マイクはどっちかな・・・なぁマイク?アン、つ、強くいき・・・ろ・・・」
そう言ってジェイクは息を引き取った。
アンジェリカは呆然と立ち尽くし、しばらく現実を受け入れないでいた。
「さぁ・・・引き上げるぞ!」インディアンの酋長が皆を率いて集落に向かい始めた。
日が傾き始めたが、アンジェリカはジェイクの前に立ち尽くしていた。
「行くぞ!」
そこへ涼子が脚を引きずりやってきて、アンジェリカの右肩を叩いた。
一瞬、ためらいを見せたアンジェリカだったが、迷いのない表情になり「ハイ!」と力強く答えた。
二人は町へ帰っていった。

続く。



  • [769]
  • キャストラウエスタン ノワール 第5話 決戦①

  • 投稿者:Lemon Juice
  • 投稿日:2018年11月 5日(月)00時50分21秒
  • 返信
 
キャストラウエスタン ノワール 第5話 決戦①

「保安官!大変だ!」
一人の男が血相を変えて保安官のオフィスに飛び込んできた。
男はぜぇぜぇと息を切らしながら、言葉をつづけた。
男はアンジェリカが保安官補であることを知っていたが、呼称などどうでもよかった。
「ほ、保安官!レッド・コブラが大勢でブルーオアシスに向かってるぜ!もうじきに着いちまう。今から軍を呼んでも間に合わねぇ。いくらあんたが凄腕でも、50~60人はいたぜ。もう無理だ!町ごとやられちまう!」
男はそう言って、自分の家の方向に走っていった。

保安官の家には、涼子と荒野のガーディアンエンジェルスが居合わせた。
「しゃーねーな。これも腐れ縁だ。今回は私たちも手伝うよ。」
さやかはそう言って笑った、そして、その横でぷるぷるっと詩織が震えた。
怪訝な顔でアンジェリカは詩織をみた。
「うん?詩織、またちびったか?」
さやかの声が聞こえた。涼子はそのやり取りを見て笑っていた。
「い、いやこれは武者震いです。もうちびったりはしません!」
詩織は顔を赤らめて語気を強めていった。
「詩織は、大きな戦いになると興奮なのか、恐怖なのか小便をちびっちまう癖があってな(笑)」
涼子が冷やかしながら言った。
「だから!もうおチビリの癖は治りました!今のは本当に武者震いです!」
「もう皆さん、その辺にして、早く向かいましょう。」
なびきがやわらかい口調で場をおさめた。
さやかはカウボーイハットをかぶり、狙撃しやすい街で一番高い建物である時計台へ向かった。
保安官補のアンジェリカは町に危険を知らせる警鐘を鳴らした。
カーン!カーン!カーン!
町全体に鐘の音が響いた。
それぞれの家や店は一斉に窓や扉を閉め、にぎやかだった町は人っ子一人通らなくなった。

涼子とアンジェリカ、詩織、なびきは町の入り口へ向かった。そして町の門を閉ざし、門の近くの井戸の陰に身を潜めた。

町長の家

「あなた・・・」
心配そうなティアラ。その脇で佑香がガタガタと震えおびえていた。
「大丈夫。お前たちは私が守る!」
そう言ってショットガンを手にするユキチだった。
そして数名の用心棒に指示を与え、家の守りを固めた。
「お、お父さん・・・」
この前の恐怖がまだ焼き付いているのだろうか、佑香はガタガタと震えながらまた失禁をしていた。
「佑香、大丈夫だ。お父さんが守ってやる。」
そういって震える佑香の肩とティアラを抱き寄せた。
佑香は恐怖で涙ぐんでいた。


ミゾレの店

「絶対、あいつら許さない!例のモノ用意できている?」
ミゾレはレイカとマユミに声をかけた。
「ちょうど100本くらいで来ているわ!」
レイカが応えた。
「すぐにカートに積んで時計台に向かうわよ。この町じゃあの時計台が一番高い!いくよ!」
「おいおい、俺も行くぞ!」
ケツがショットガンをもって現れた。
弾薬もたっぷり両肩にかけていた。
「この前の借りを俺も返してやるぞ!アンジェリカだけに重荷を背負わせちゃ男が廃るぜ!」
ミゾレはそういうのと車輪のついたカートに瓶が入ったケースを素早く積み込み、四人で店を出て時計台に向かった。


町の時計台

ミゾレたちが時計台につき、時計塔の最上階につくとさやかがライフルを構えていた。
「あなたは確かパブの・・・ミゾレさん?・・・・どうしたんです?」
さやかが聞いた。
「あんな奴らに私たちの町を好き勝手させてたまるものですか!私たちも戦います!」
ミゾレはそう言い切った。
「でもあんたたちがどうやって?」
さやかは心配そうに聞いた。
「じゃーん!これです!」
マユミは持ってきた火炎瓶を見せた。
「アルコールで作った火炎瓶です。やつらが入ってきたら時計台の上からこれを落としてやります!」
レイカがそう続けた。
ケツは時計台の入り口に作ったバリケードに身を隠し、レッド・コブラの襲撃に備えた。
そして準備が整い町には静寂だけが広がった。

地平線に馬に乗った男たちが大勢やってきた。
後ろの方には大きな馬車もある。
間違いなくレッド・コブラの軍勢だった。
「来たわ!」
さやかがライフルを構えながら大きな声をあげた。
しかし、いくらライフルと言っても射程距離ではなかった。
その声が聞こえていたかのように一斉に押し寄せる軍勢とゆっくり迫る馬車、そしてその馬車の隣に一騎のガンマンがいた。


町の門

軍勢は門の手前で止まり、馬車の到着を待った。
そして馬車の幌をまくり上げると、大型の回転速射砲が門に狙いを付けていた。
その速射砲の隣には無精ひげを蓄えた長身細身の黒髪の男がいた。それは、まさにグレッグだった。
そしてその速射砲を両手でコントロールする若い女性が砲座に座っていた。
「ぶっ殺してやる!」
その若い女が声をあげると速射砲を撃ち始めた。
バリっバリっバリっ!
雷のような音が響き木製の門はあっという間にハチの巣になってしまった。
そして男たちが一気に押し寄せてきた。

「ひっ!」
時計台はまだ距離はあると言っても、速射砲の音や男たちの怒号は聞こえた。一番年端の行かないマユミはその音と迫り来る男たちにおののき声をあげ震えだした。
じゅわっ・・・
マユミは下着に広がる生暖かいものを感じた。
そしてそれは彼女の白い太ももに二筋ほどの水流を作って床に落ちた。
「マユミ!生き残りたければしっかりしなさい!」
いつも優しいミゾレから檄が飛んだ。
マユミはハッと我に返り火炎瓶を握りしめた。
下着は少量の失禁で気持ち悪かったが、目の前に敵に集中することで其の気持ち悪さを忘れられた。

「涼子の首を獲ったものには100万ドル!欲しい奴は命を懸けろ!後の女は好きなようにもてあそべ!」
そう言いながら一気になだれ込んでくる男たちだった。
しかし、門で待ち構えていた涼子、アンジェリカ、なびき、詩織が確実に仕留めて侵入を必死で食い止めていた。
しかし圧倒的に数的な不利な涼子たちは徐々に押され始めていた。

「こいつら命がいらねーのか!」
涼子は撃っても、撃っても進撃してくるレッド・コブラの雑魚に手を焼き始めていた。
弾を補充する間に一気に詰め寄ってくるレッド・コブラの雑魚たち。
よく見ると目は血走り、正気ではなかった。
「こいつらラリってる!」
アンジェリカが叫んだ!
「こいつら何か薬をやっています!前に見たことがあります!この目は正常じゃない!」
「なんて奴らだ。自分の手下を薬漬けにして自分たちの盾にする気か・・・」
涼子はいらだった。
「弾も切れてきた!こうなったら時計台下まで引き付けて火炎瓶で攻撃するぞ!入り口は俺とアンで持ちこたえる!詩織となびきは時計台まで敵を引き連れて向かえ!」
涼子はみんなに声をかけ、詩織となびきに後退を命じた。
詩織となびきは一気に時計台に向かって走り始めた。
わき目もふらず二人を追いかける男たちを後ろから涼子たちは撃ち落とし、数を減らした。
それにもかかわらず、二人に群がるように正気を失った男たちはついって行った。

しばらく走り続け、もうすぐ時計台というところで、気のゆるみがあったのだろうか、なびきは首に投げ輪をかけられてしまったのだ。
「うっ!」
なびきはピストルを落とし、締め付けられる縄に必死に抵抗したが、男が絞める縄にそう簡単に抵抗できず、徐々に息が苦しくなってきた。
詩織は助けようとショットガンを構えるが、何人も雪崩のように男たちがやってきて縄もった男を射程に入れられなかった。
バーン!カチャ!
バーン!カチャ!
「くそ、キリがない!なびき!」
詩織は慌ててショットガンの弾を詰め替えたが囲まれてしまった。
なびきをつないでいる男はその縄を2階から掛かっている酒屋の看板にひっかけなびきをつるし上げた。軽々となびき体が宙に浮いた。
「うっ!」なびきは苦しそうな声をあげた。
「なびき!」詩織は声をあげたが自分も大勢の男に囲まれていた。
時計台の窓の反対側で時計台の誰もが二人に気付いていなかった。
男たちがなびきの下に群がった。
「おー、早くおろせ!やりてー!」
「たまんねー」
と男たちはなびきの真下に立ち、吊るされたなびきを見上げていた。
白い太ももと白い下着を眺めて男たちは興奮状態に入っていた。
「苦しい・・・」
なびきは徐々に意識が遠のいていった。
全身の力が抜けるような感覚になった。
そしてその時、なびきの括約筋は弛緩した。
チョロ・・・チョロ・・・ポタポタ・・・。
つるし上げられたなびきは酸欠状態になり、尿失禁をしてしまった。
見上げる男たちの目には、白い下着が黄色く染まり、白く美しい太ももに幾筋もの黄色い尿が流れるのが映った。
「ひゃー!ション便だ!」
「この女、ション便しやがった!」
口々に騒ぎ出す男たち、そして詩織もショットガンを撃ち抵抗したが、弾が切れてしまった。
「万事休す・・・・」
詩織は半ばあきらめそうになった時、複数の銃声と怒号が聞こえてきた。
町の方から、大勢の人たちが銃をとり駆け付けてきていた。
「ブルーオアシスは私たちの町だ!みんなで守るぞ!」ユキチ町長が先頭に立ちレッド・コブラに立ち向かっていった。
縄を持った男も誰かの銃弾に倒れ、なびきは地面にたたきつけられた。
慌てて駆け寄る詩織。
「なびき!なびき!」
必死でなびきを呼ぶ詩織。
そこえ、古いライフルを持ったモーリー先生とイズミが現れた。
モーリー先生はすぐに脈をとり、イズミに指示を出した。
「脈は正常!イズミさん、気付け薬をください!」
モーリー先生の指示に素早く応じ、鞄から気付け薬だした。
モーリー先生はなびきにそれを嗅がすと、なびきはゲホゲホと言いながら目を覚ました。
「手荒なことをして申し訳ない!ここを切り抜けましょう!」
モーリー先生はそういうとなびきを立たせ町の中へ引き返そうとした。
しかし、なびきはその手を振り払った。
「先生!時計台に!仲間がいます!そこまで敵を引き付けてください!」
モーリー先生はなびきのその言葉を受け止め、皆に指示を出した。
その指示はユキチ町長まで伝わり、時計台へとゆっくりと後退していった。

一方、門の前では、すべてのレッド・コブラの雑魚を一掃し、グレッグと速射砲に乗るとび色の髪をした女、そして同じ髪の色をもつ白人の男の3人がこちらを見ていた。
その白人の男は、ジェイクだった。
ジェイクの顔には深いしわが刻まれ、この2年で相当老け込んだように思われた。
「ジェイク・・・」
アンジェリカは悲しそうな目でジェイクを見つめていた。
「アン、私情は挟むな!死ぬぞ!」
涼子がひときわ厳しい言葉で伝えた。

町の時計台

「ユキチ町長!」
時計台の窓からミゾレはユキチ町長の姿をみて火炎瓶の準備を始めた。
「町長!はやくこっちへ!」
ミゾレの声に反応し、前を見るとバリケードからケツが手招きをしていた。
ユキチたちは時計台の下に作られたバリケードに身を隠し迎撃態勢をとった。
レッド・コブラの男たちが狭い道を一気に押し寄せてきた。
「よし!」
さやかはそういうと正確な射撃で一人一人撃ちぬいていった。
「よ~し!行くよ!」
「ハイ!」
ミゾレの掛け声に、マユミとレイカが応え、すぐさま火炎瓶を投げ始めた。
「乙女に恥をかかせたバツよ!」
マユミは両手に火炎瓶を持ち、迫り来るレッド・コブラの軍勢にたたきつけた。
狭い道での火炎瓶は効果的でレッド・コブラの軍勢も進撃ができなくなっていた。
その軍勢に対して、後ろから発砲するものがいた。
モーリー先生、なびき、詩織だった。
「かわいそう・・・」
なびきは薬漬けになって自分の意志なく戦うレッド・コブラの男たちに憐れみの感情を抱いていた。
「なびきさん!今は自分が生き残ることを考えてください!」
モーリー先生はなびきに檄を飛ばした。
時計台からの射撃と火炎瓶、後方からの銃撃と挟み撃ちにあったレッド・コブラの一味たち。
そして間もなくレッド・コブラの一味は全滅した。

続く

  • [768]
  • 立つ鳥跡を濁さずです!

  • 投稿者:マ太郎
  • 投稿日:2018年11月 4日(日)22時09分21秒
  • 返信
 
下手に迷惑をかけたくないという彼女の涙ぐましい努力です!
(まあ本当にヤバいときは迷惑をかけてしまうのですが)
きっと将来はピンチになった時に素早くたちションして素早く立ち去るという
辻斬りならぬ辻立ちションの技術を体得しているに違いないです。
後膀胱炎は彼女の特殊な体質によって防がれているので問題ありません!


  • [767]
  • いらっしゃいませ~

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2018年11月 4日(日)20時59分10秒
  • 返信
 
こんばんは、マ太郎さん

なるほどあの後ウキウキな零ちゃんになるわけですね^^

中学生からそんな誤魔化しテク覚えちゃったら大人になっても
なかなか際どい立ちションを披露してそうですよね~!(テクも磨かれて見つかりにくい)

でも人前に出ずおしっこで迷惑かけたくないという努力がなんかしっかりしてますね^^

人に知られず我慢して人に知られず撒き散らして人に知られず後片付け!
膀胱炎にならないか心配になってしまいます^^;








こんばんは、Lemon Juiceさん

おお、小旅行いいですね!今時期の気温がすごしやすいですよね~!
お帰りなさいです^^

私、Lemon Juiceさんへの感想コメントで「ショートパンツ越しのおしおき尿攻め」と
描きましたが下半身は丸出しだったんですよね、本当にごめんなさい^^;

ええ、Lemon Juiceさんのおかげで可愛いリナやなびきが描けましたよ~^^
なびきみたいなしぐさの子可愛いですよね、私も好きです!

続き楽しみにしておりますよ~!(ですが無理せず執筆してくださいね^^b)


  • [766]
  • すごく気持ちよさそうです

  • 投稿者:マ太郎
  • 投稿日:2018年11月 4日(日)15時07分4秒
  • 返信
 
誰もいなかったら豪快に立ちションしてそうですね。
この絵の状態でノリノりでしてる零が想像できます。
人が来た時の事を全く考えてない男らしい立ちションです♪
まあ人が来たら素早く桶の水を流して誤魔化した後に素早くシャワーを浴びる
(ふりして放尿)か室内風呂に避難でしょうね。

それと銭湯が人でいっぱいになってしまった場合はやむを得ずにおしっこ我慢したまま出ちゃいます。もちろん途中で止めたから断続的におしっこが出まくるのですが、そんなの関係なし!とばかりにトイレに向かうために最低限の服(Tシャツと上の下着かブラ)を着てトイレに突入!行列が出来てれば出来そうな場所を求めて走ります。(最悪誰も見ていなさそうな通路の行き止まりや外につながる裏口に黄金水を放出してしまいます)そして最後はこぼしまくったおしっこをそのままの恰好で申し訳程度に拭いて元気よく零は飛び出します!


  • [765]
  • リナ カラー挿絵感激です!

  • 投稿者:Lemon Juice
  • 投稿日:2018年11月 4日(日)15時01分3秒
  • 返信
 
昨日からの小旅行の帰りに見てみるとなかりエロいリナの挿絵が・・・
もう我慢できません。冷静さを欠いて支離滅裂なリナのおもらし物語を書いて
しまいそうです!
リナもかわいいし、後ろにいるなびき、詩織もいいですね。
特になびきがエロいです。
そろそろウエスタンでなびきのおもらし物語も書かなければ・・・
でもその前に書きたい涼子&さやかのウエスタンおもらしも温まっているし・・・
うぉー興奮MAXです。


  • [764]
  • それなら安心ですネ

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2018年11月 4日(日)02時12分47秒
  • 返信
 
ぶっぱなすで笑ってしまいました^^b

おしっこ我慢中は勉強ができる零でも服脱ぎちらかすほど必死なんですね^^

女の子は普段しゃがんだり座らないと用を足せないのですが
そこまで必死に我慢して立ったまま出すおしっこは気持ち良さそうですね

なんていうか普段伸びない背筋が伸びているから気持ち良さそうです^^

お知り突き出しで後ろにおしっこ飛ばしはなかなかテクが必要ですネ!



  • [763]
  • それともう少し補足です!

  • 投稿者:マ太郎
  • 投稿日:2018年11月 4日(日)01時26分22秒
  • 返信
 
敷居を乗り越えておしっこする時は、高さが足りないから立ちションか、
お尻を突き出して後ろ向きに出しますよ!

それと脱ぎ散らかした時のパンツを忘れてお風呂上りにお尻を見られちゃう事も
よくあるのです!

  • [762]
  • ご心配なく!

  • 投稿者:マ太郎
  • 投稿日:2018年11月 4日(日)01時23分50秒
  • 返信
 
冬場の帰り道で零はよく銭湯に行っています。(他にも行っている所はありますが)寒い帰り道でおしっこを我慢している時の零にとってはオアシスであり、
トイレにも寄れるし暖かくなれるしで一石二鳥なのですよ!
(まあ個室が少ないトイレとお風呂に先に向かうのが半々なのですがね…)
限界に近いときは脱衣室で服を脱ぎ散らかし(人がいなければ下だけ脱ぐ)
大急ぎで室内風呂に行きます。…ただし、人が多かった場合はそのままサウナか
露天風呂に行って… そして露天風呂も人が多ければ最後の手段!
こっそり見つけた露天風呂と外を囲む仕切りに届く足場を伝って、一気におしっこをぶっぱなします!お漏らしもしないし寒くならないしで本人的には
大満足できるようです!


  • [761]
  • 冬本番間近

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2018年11月 3日(土)09時19分39秒
  • 返信
 
寒いですね~ 私もさっそく風邪っぽくて困っております^^;
たしかに真冬で下半身丸出しふりふりしてたらさすがの零も風邪引きますね^^
真冬のおもらしは出した温かさと冷めたズボンの差が大変だなぁ…

  • [760]
  • 最近の寒さなら

  • 投稿者:マ太郎
  • 投稿日:2018年11月 2日(金)23時07分59秒
  • 返信
 
最近は寒くなってきましたね。
そうなると自然に厚着になってきますから、零の野ションに少し支障が出そうです。でもそうしたら今度は屋内での放尿に切り替えるかも…?
いたずらっ子はそう簡単にお漏らししませんよ!

  • [759]
  • 詩織&カナ

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2018年10月30日(火)15時12分23秒
  • 返信
 
こんにちは、Lemon Juiceさん
ショートパンツ有り無しの二択でしたがこちらを描きましたよ~^^b
ショートパンツ有りおねしょもズボンの中ではこのように噴出して漏らしてると思うと素敵すぎますよね~!

カナちゃんのキャラデザインがまだ確定完成していないですのでちょっとごまかし気味ですが
そう言って頂けますと嬉しいですネ^^




こんにちは、マ太郎さん
30、40になってもきっとおもらしは治らないと思いますが
詩織の仕事パワーと夢野野支えで頑張れますね^^

ええ、お待ちしておりますよ~!

  • [758]
  • カナのイラストありがとうございます

  • 投稿者:Lemon Juice
  • 投稿日:2018年10月29日(月)23時48分52秒
  • 返信
 
tyaoさんもこのシーンを選ぶとはなかなかのエロですね・・・(笑)
ありがとうございます!
カナもめっちゃ可愛いです。

  • [757]
  • 詩織さんのエロさ

  • 投稿者:マ太郎
  • 投稿日:2018年10月29日(月)22時44分44秒
  • 返信
 
こんなに色々してくれる彼女なら、きっと夢野さんも本望!(のはず)
確かに、ノーパンだったりおしっこしてたりと、放送事故ギリギリの物が絶えないですけど、なんやかんやで詩織さんは上手く掻い潜るので大丈夫でしょう
また書かせていただきます!

  • [756]
  • 詩織の失態

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2018年10月29日(月)21時42分17秒
  • 返信
 
>>755
彼氏の夢野も大変ですね~
あ、でもおもらしやおしっこ系は容認しているし本人夢野も嫌いじゃないので
嫌われたりはしないかな…^^ むしろ2人きりのおしっこプレイが捗りますね(笑

いえいえ、こちらこそです~^^b

  • [755]
  • Re: 詩織ならやってくれます!

  • 投稿者:マ太郎
  • 投稿日:2018年10月29日(月)20時35分9秒
  • 返信
 
>>753
> >>742
> こんばんは、マ太郎さん
>
> >中継中に野ションしていたら~
> 本人が気づかず中継されていただなんて…風のいたずらも重なってまさにツイていませんね^^;
中継中にはスタッフには誰にもバレません(断言)なので、ある意味詩織はついてますよー。この後一人で中途半端に終わらせたおしっこのせいでトイレのある場所まで移動する羽目になったので、ある意味不幸だったんでしょうか(笑)
(でも自然の中でのおしっこと我慢した和式トイレのおしっこ両方の気持ちよさを
味わえたようです。パンツは忘れたままだけど(笑))

> >ドッキリ番組で一人会議室に閉じ込められ~
> ドッキリは女性のおもらしが撮影される可能性のあるイベントのひとつでもありますよね
> (ただし、ドッキリはやらせではなくしかも生放送の場合のみ)
> まあお蔵入りになったとしてもスタッフにはばっちり見られていますから羨ましいです(笑

ですねー。男性スタッフは男らしい判断能力、女性スタッフは見事な水流に
唖然となった事でしょう。

> >生放送の番組対抗水着美女バトル!に~
> まさに詩織にとっては放尿水着バトルになってしまいましたね^^
> 水の中ならまだ分かりますが人やカメラの目を盗んで水着ずらしてマッハで放尿は
> なかなかの度胸と勇気と根性が無いと決行できませんね(笑
> まさに水中放尿で覚醒した詩織の勢いは凄まじいものがあります^^
> 20歳の成長した身体でたまにずらして放尿サービスだなんて
> それはもう視聴率うなぎのぼり間違いないですよね!一人だけ妙に頬を赤く染めた色っぽい詩織…いいですね!^^b

お尻から目いっぱいずらしておしっこというサービスですよー!
(ただし詩織の奮闘でチラ見程度しか出来ませんが)
激闘を制した後は、残って膨れていく尿意をなだめながら、何とか控室にたどり着いてブラとシャツだけ着てあたふたしながら水着を脱ぎ散らかして無事トイレに間に合いました。この事から、覚醒した朋美はこの番組に引っ張りだこになり、
トイレ以外のおしっこや野ションも上がったとかなんとか…!

見ていただきありがとうございました!

  • [754]
  • キャストラ・ウエスタン ノワール

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2018年10月29日(月)04時27分35秒
  • 返信
 
「インディアンの娘(カナ篇)」
おなじみの3人組がついに登場ですね~
カナの麻酔による着衣でのおもらし(おねしょ?)そして続けざまに今度は
ノーパンでの噴出。本人はそれでも安らかな寝顔で遂行している所は熱いですね!^^
ユキチ町長の財源はなにげに心強いかも…?

「インディアンの娘(リナ篇)」
リナとダットンのエッチシーンですね!目の前で縛られたままもらしちゃうリナ。
ダットンの拷問欲、すごく分かります(笑 顔をうずめてみたい~^^
最後のリナのショートパンツ越しのおしおき尿攻め、なびきの小バカにしたような
しぐさ、最高ですね!なんか目に浮かびますよ^^

「アンジェリカ・グリーンフィールド」
アンジェリカのおねしょ治療話。医療とはいえ羨ましい限りの診察です^^
マイクとジェイク、あの日に何が起きたのかえがかれてきましたね~
なぜ怒りに満ちていたのか…。目の前で父の死を目撃したアンジェリカの後遺症は
おねしょするたびに父への想いが蘇りそうで辛いですね。
アンジェリカがモーリー先生の診察を拒否しないところに可愛さを感じました^^b

モーリー先生、何気にすっごいおいしい役じゃないですか(笑 いづみちゃんナースもいるし^^
ダットンも性欲開放で好き勝手してるけどその後の悲劇を考えると…まあ良い思い出になりましたね…(笑

所々、おもらし小説ということを忘れさせてくれるようなシリアスも盛り込んだ内容でした。
挿絵もどこを描いていいか迷ってしまいますね~(カッコイイ絵も描きたいしおもらしも描きたい!)

グリーンフィールド、とても良いと思いますよ なんかこう響きがいいですよネ

楽しく読ませて頂きました、有難う御座いますね^^

  • [753]
  • 詩織ならやってくれます!

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2018年10月29日(月)03時30分3秒
  • 返信
 
>>742
こんばんは、マ太郎さん

>中継中に野ションしていたら~
本人が気づかず中継されていただなんて…風のいたずらも重なってまさにツイていませんね^^;

>ドッキリ番組で一人会議室に閉じ込められ~
ドッキリは女性のおもらしが撮影される可能性のあるイベントのひとつでもありますよね
(ただし、ドッキリはやらせではなくしかも生放送の場合のみ)
まあお蔵入りになったとしてもスタッフにはばっちり見られていますから羨ましいです(笑

>生放送の番組対抗水着美女バトル!に~
まさに詩織にとっては放尿水着バトルになってしまいましたね^^
水の中ならまだ分かりますが人やカメラの目を盗んで水着ずらしてマッハで放尿は
なかなかの度胸と勇気と根性が無いと決行できませんね(笑
まさに水中放尿で覚醒した詩織の勢いは凄まじいものがあります^^
20歳の成長した身体でたまにずらして放尿サービスだなんて
それはもう視聴率うなぎのぼり間違いないですよね!一人だけ妙に頬を赤く染めた色っぽい詩織…いいですね!^^b

  • [752]
  • おみくじ、swfファイルについて

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2018年10月29日(月)01時40分15秒
  • 返信
 
こんばんは、マジンガービルドさん

おそらくですがブラウザの仕様だと思います。
グーグルクロームで閲覧なされるとなぜかフラッシュswfのファイルのDL許可を求められます。
そしてフラッシュ等のゲームは一切遊べません。

私も同じ現象になりますのでキャストラージュはインターネットエクスプローラーで閲覧しております^^;
もしかしたら何かしらの設定等で改善するかもしれないのですが…。

お力になれず申し訳御座いませんがインターネットエクスプローラーで閲覧する事オススメ致します><

  • [751]
  • 投稿小説

  • 投稿者:tyao
  • 投稿日:2018年10月29日(月)01時33分1秒
  • 返信
 
こんばんは、Lemon Juiceさん

投稿小説キャストラウエスタンノワール 第4話有難う御座いますね!

なんと、アンジェリカスカート、挿絵の前にすでにズボン設定で執筆中だったのですね><
わずらわしいお手数をおかけしちゃいまして本当にごめんなさい…修正有難う御座います><

切なくなる話とか結構考えるの好きですので楽しみですね!
エロも堪能させていただきます~!^^b


レンタル掲示板