teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 現役部員安否(4)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:7/186 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

1%の運命

 投稿者:古川浩一  投稿日:2016年 7月 9日(土)14時20分33秒
  通報
  日本人本物パラノイア、差異パラノイアということはないか。
欧米人そんなことにこだわるか。京都のやってることもラブ、美少女とどう違うんだろうか。
少女性に日本人弱いとかないか。女性の年齢に関係なく。
経済の数字と言っても実感の問題だ。
有効求人倍率とか失業率と言ったって
例えば求人の仕事の内容がハードなものか楽なものか
労働時間がどれくらいかその他いろいろで全然変わる。
だからみんなが肌で感じる生活感覚社会感覚が
たいていの場合正しい経済感覚だ。
例えば働けど働けど我が暮らし楽にならざりじっと手を見る、とか
があてになる正しい経済感覚の例だ。
基本的に人間の話なんてカネ、経済と権力の話に男と女の話をからめるだけなんだが、
以下の記述とこの掲示板上の僕の書き込みといろんな物語で、いろんな物語を想像しようとしてみる。
僕のこの掲示板上の書き込みは、産業革命以来の世界経済、国際政治
近代世界システムの大雑把な把握の上に成り立ってる。それと経済と人間、
その中であらゆる人間たちがどうふるまうかの理解の助けになろう。
その例の現代世界社会も含めた歴史の理解を進めるんじゃないかな。
それなりに歴史を世界を社会を人間を説明する哲学になってるかも。
権力というのは怖いもんだな。一度握ってしまうとその人間につくすのが正義になってしまうんだから。
君のまわりでだれが1番威張ってるか、その根拠は何か考えてごらんよ。
本当に無私の精神の持ち主なら、百姓にまざって農作業をしないか、
豪華な屋敷に住み、豪華な服を着、和歌を作ったり、剣術の稽古をしたりせずに。
そのためのあんな法外に高い税を取ったりせずに。
カネのなる木のプレーヤーにはたらいてもらわないと日本どうにもならないんだから、
どう経済をいじっても日本ではしごかれた1%が
技術革新や先端ビジネスで世界を相手に勝ち抜いて99%を食わすというのは
変えようがないんだから、そういうところに話はおちるだろう。
そういう競争を勝ち抜く強いプレーヤーはしごかなければできない。
これからは世界中にライバルが出る。ケニヤの天才が世界を変えるような発明をするかもしれない。
世界中のライバルに勝たなければいけない。
だからたぶん何も変わらない。これからも1%は教授や上司から火のついたように怒鳴られる人生だ。
困ってる子供たちや人を助けるには財源がいる。1%が稼ぎださなければその財源はない。
たぶん明治維新以来の戦争遂行派の人間の多くはヨーロッパ人に負けるのは
悔しいの一念から僧侶とかでも戦争遂行に協力したんだろうが
そういう人間に較べると仏教国の日本とキリスト教国のロシアが戦う、
嘆くべきことだ、と言ったトルストイのほうが正しい心の持ち主だ。
彼らを裁く正義の見地はあろう。さとった人間がそんな心のゆがみにも気づかないんだろうか。
日本の仏教界宗教界戦争を批判したかな。そんなことが史上多いと宗教のレベルも考えちゃう。
さとりとかその程度のレベルのもんなんだろうか。
終身雇用年功序列とか他にもたぶんずいぶんあると思うけど、
日本、なんか文化に社会経済を合わせてるようなところ多くないか。
それでいいんだろうか。権力と文化は深く結びついているんでそういう人間は
歴史上の権力者をもちあげる。資本主義の経済学で考えたらこれは問題ないのかな。
日清日露日中2次大戦を命じた権力は法的には天皇にあるんじゃないだろうか。
法治国家では戦争開始など重大な決定には法の裏付けのある権力を
持つ人間が法にもとづいて命じなければできないはずだ。
だったらそう命じた人間は法をたどればわかるはずだし、法的に
責任を追及できるはずだ。彼に釈明を求めることもできるし彼なら
その決定の諸事情に通じてるはずだ。
重大な結果を招いた命令をしたのにそれについて責任を負わない釈明しないというのは
卑劣だ。日本そんなこと多くないか。皇室を含む上の連中誠意がなくないか。
こう書く僕の人権も日本国憲法によって守られてる。だから日本国憲法は
生命線だ。
くりかえすが日清日露日中2次大戦の日本に義はあったろうか。1般日本国民には
メリットよりデメリットのほうが圧倒的に大きいぞ。
だったら誰のための誰が欲した誰にメリットのある戦争だったか。
近代戦は総力戦で準備にも遂行にも巨額のカネがかかり勝てば収益も
莫大だ。そんな話に大きなおカネ、財閥とかが絡まないとも思えない。
資本主義の経済学で考えたらこれは違うのかな。
美しいしぐさの人間が美しい心を持ってるとは限らない。
史上たいていの戦争はゲームやスポーツではなくその背後にたいてい
権力や経済の覇権をめぐる醜い抗争がある。
そもそもあれらの戦争は必要だったのか。
あれをやらなければ日本人もっと早く豊かになれてたんではないだろうか。
あれだけのダメージや苦しみはちょっとくらいのメリットではひきあわない。
利他的動機であの戦争をしたというのはありえない。
そんなことをしたなら、いまだって世界で飢えで苦しんでる子どもたちに
日本人の税を原資として食べさせてやることもできるが、そんなことをしたら
日本国民青筋を立てて怒るだろう。だからそれはない。
だったら誰の何のためか。
話は変わるが小説は聞ける話だ。 うければいい時もある。
 
 
》記事一覧表示

新着順:7/186 《前のページ | 次のページ》
/186