teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


埼玉県警 羽生警察署 警備課の巡査長 が証拠品の違法わいせつDVDを警察署内で複製、上司らに配布

 投稿者:課長らが「自分もほしい」などと言って依頼  投稿日:2014年 8月 4日(月)19時52分2秒
     人権、職業倫理という言葉を理解できているのでしょうか。

最近のニュースによると、女性警察官採用・登用拡大計画がありますが、
受験を考えている女子学生とその親御さんは、埼玉県警という組織のこの実態をよく理解した上で受験を考える必要がありますね。


-------------------------------

埼玉県警 羽生警察署 警備課の巡査長 が証拠品の違法わいせつDVDを警察署内で複製、上司らに配布


□証拠品のわいせつDVD複写 巡査長懲戒免職 埼玉県警 [朝日新聞]

 www.asahi.com/national/update/0705/TKY200707050336.html


 埼玉県警羽生署警備課の巡査長(27)が証拠品のわいせつDVDをコピーし署員に配っていた問題で、県警は5日、わいせつ図画頒布と児童買春・児童ポルノ禁止法違反(提供)容疑で巡査長を書類送検し、懲戒免職にした。また、コピーを依頼した同課長(55)=同日付で依願退職=らを停職1カ月の懲戒処分とするなど、当時の上司ら計9人を処分した。

 調べでは、巡査長は2月下旬~3月上旬、証拠品として押収したわいせつDVDを勤務時間中に署内でコピー、課長と別の課の巡査部長(49)に計14枚を配り、別の警部補(36)にもパソコンに取り込むかたちで画像を提供した疑い。課長に配ったとされる9枚のうち1枚が児童ポルノだった。

 DVDは、同署が2月に群馬県内のわいせつDVD卸業者を、わいせつ図画頒布容疑で家宅捜索した際に押収。巡査長と巡査部長はDVDの検分を担当していた。

 コピーに使ったとされる複製機も押収品で、巡査長は自分用にも20枚ほどコピーしたという。警部補への提供が最初だが、それを知った課長らが「自分もほしい」などと言って依頼したという。

 巡査長を最も重い処分としたことについて、県警は「断ることも可能で、厳重に証拠品を管理していた部屋に入った責任は重い」とした。階級を利用した強制や金銭の授受はなかったという。

 高橋克郎・監察官室長は「職員がこのような恥ずべき犯罪行為を発生させたことは誠に遺憾。職員への職務倫理教養と証拠品のより厳格な管理を徹底し、県民の信頼回復に努めたい」などとコメントした。

▽関連記事



□押収DVD複製で巡査長ら書類送検 [日刊スポーツ]

 www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20070705-222694.html

押収DVD複製で巡査長ら書類送検

 証拠品として押収したわいせつDVDを警察署内で複製、上司らに渡していたとして、埼玉県警は5日、わいせつ図画頒布と児童買春・ポルノ禁止法違反(提供)の疑いで、羽生署警備課の巡査長(27)を書類送検した。県警は同日付で巡査長を懲戒免職処分とした。

 巡査長に複製を依頼した同署警備課長の警部補(55)ら2人を停職1カ月の懲戒処分としたほか、当時の同署長の警視(57)ら7人を懲戒処分や内部処分とした。課長は依願退職した。

 調べでは、巡査長は2~3月、課長らに依頼され、同署がわいせつ図画頒布事件で群馬県内のDVD卸業者から押収した無修正わいせつDVD15枚分を署内で複製、課長らに渡すなどした疑い。課長が受け取ったDVDには児童ポルノも含まれていた。


http://www.asyura2.com/07/nihon26/msg/454.html


---------------------------

以下参照
越谷警察署 署長 緑川清正 が女性を署長公舎に連れ込みチューして停職処分
http://ameblo.jp/koshigayamidorikawa/entry-11856058524.html

埼玉県警察女性警察官採用・登用拡大計画
http://www.police.pref.saitama.lg.jp/kenkei/soshiki/johokoukai/pdf/690.pdf#search='%E8%AD%A6%E5%AF%9F+%E5%A5%B3%E6%80%A7+%E7%99%BB%E7%94%A8'
埼玉県警 採用 倍率 採用試験 試験 男女共同参画 女性警察官  就活



埼玉県警 羽生警察署 警備課の巡査長 が証拠品の違法わいせつDVDを警察署内で複製、上司らに配布
課長らが「自分もほしい」などと言って依頼



 
 

屏風をたずねて一万里

 投稿者:冨士谷あつ子  投稿日:2012年10月23日(火)02時55分55秒
  京都生涯教育研究所 第3回 生きていま 私が語る講座

屏風をたずねて一万里
講師:井戸 洋氏(元京都新聞論説委員)

日時:2012年10月26日(金)18:30
参加費:1,000円
会場:ひと まち 交流館京都 第1会議室(TEL:075-354-8711 河原町五条下ル東側)
市バス「河原町正面」前

参加ご希望の方は京都生涯教育研究所まで。下記メールアドレスの(a)を@にお直しの上、お申込み下さい。
スパムメール防止のためです。

lifelong(a)wg7.so-net.ne.jp

 

京都から拓く男女共同参画環境

 投稿者:冨士谷あつ子  投稿日:2012年 6月10日(日)18時25分30秒
  ●フォーラム「京都から拓く男女共同参画」●

 日時:2012年6勝ち23日(土)13時半ー17時
 場所:ザ・パレスサイドホテル2F[モデラート」京都市上京区烏丸通下立売上ル
 参加費:1000円  定員:60人(先着順)
 プログラム:
 Ⅰ.講演
  講演Ⅰ「商いを担った都の女たち」
      講師:脇田晴子(石川県立歴史博物館館長、文化勲章受章者)
  講演2「男女共同参画の実践ー人口減社会からの脱却を目指して」
      講師:冨士谷あつ子(評論家、京都生涯教育研究所長、元福井県立大学教授)
 Ⅱ。対談「自然環境と社会環境をよくするために」
  対談者:澤井敏郎(N.GKS:緑の協力隊関西澤井隊代表,公益財団法人京都オムロ           ン地域協力基金ヒューマンかざぐるま賞受賞者)
      吉田秀子(NPO法人働きたいおんあたちのネットワーク理事長、公益財団法           人京都オムロン地域協力基金ヒューマン大賞賞受賞者)
  コメンテーター・田中まみ(京都ノートルダム女学院大学非常勤講師)
  コーディネーター:川口章(同志社大学教授)

 歴史は、うっかりすると後退する。男女平等への気運が盛り上がった1980年代の熱気はどこへ行ったのでしょう。男女不平等でも仕方がないやとあきらめていませんか?
 「男は仕事、女は家庭」だなんて歴史的にみれば間違い。中世の働く女たちに詳しい脇田さんが、都の商いを担った女性たちについて話します。戦後の男女共学のすばらしい経験から、ずっと男女共同参画型の活動を続けてきた冨士谷が、実践のノウハウをお伝えします。
 澤井敏郎さんと吉田秀子さんも実践についてお話します。フロアの学生さんも質疑応答に
 積極参加の予定。
 「男女共同参画」は、目指すばかりではくいっしょに実践しませんか?
●申込先:京都生涯教育研究
 

フォーラム 与謝野晶子とその時代

 投稿者:冨士谷あつ子  投稿日:2012年 4月29日(日)00時52分12秒
  文化庁 関西元気文化圏  参加事業  与謝野晶子没後70年記念

フォーラム 与謝野晶子とその時代



日 時:2012年5月26日(土) 13:00~(開場12:30)

会 場:ドーンセンター・パフォーマンススペース



540-0008 大阪市中央区大手前1丁目3番49号



主催:京都生涯教育研究所 環境と文化・京都会議  与謝野晶子研究会



参加費:1,000円



問い合わせ先:京都生涯教育研究所 電話 075-781-9699

与謝野晶子研究会 電話 090-7344-7993

 

フォーラム 京都から創ろう 環境文学 環境アート

 投稿者:冨士谷あつ子  投稿日:2012年 2月13日(月)02時24分7秒
  日時:2012年3月4日(日) 13:00~
場所:同志社大学 明徳館21番教室(京都市上京区今出川烏丸東入る)
参加費:社会人 1,000円(資料代込) 学生無料
定員:300名(先着順)

総合司会:香川孝三(大阪女学院大学副学長、元ベトナム公使)
朗読:「鎮魂の詩 蓮華畑」下田喜久美(詩人、日本ペンクラブ会員)

Ⅰ.対談 「方丈記800年 災害と環境・文化」

中村敦夫(俳優、作家、日本ペンクラブ環境委員会委員長)
冨士谷あつ子(評論家、京都生涯教育研究所長)

コーディネーター:伊藤公雄(京都大学大学院教授)

Ⅱ.研究報告 「日本文化研究国際会議1972年の論点 その後の論点」

報告1 「源氏物語研究の流れと展望」
    岩坪 健(同志社大学教授)

報告2 「日本近代文学のフランスにおける受容をめぐって」
    吉川佳英子(京都造形芸術大学准教授)

報告3 「アジアからのまなざし-韓国を中心に」
    佐々木正徳(長崎外国語大学講師)

全体討論

コメンテーター:岡本民夫(同志社大学名誉教授)
コーディネーター:伊藤公雄

閉会の挨拶:上杉孝實 (京都大学名誉教授)

作品・映像展示

災害・地球緑化・環境文学・環境アート・異文化交流


環境と文化・京都会議
http://lifelong.web.infoseek.co.jp/kbk0304.htm

お問い合わせ先:京都生涯教育研究所
http://lifelong.web.infoseek.co.jp/

 

京都が燃える「環境と文化」

 投稿者:冨士谷あつ子メール  投稿日:2011年 7月15日(金)00時15分3秒
  やっと一息。皆さん、お元気でしょうか。
昨年10月に、私がまとめ役を務める京都生涯教育研究所では、日本ペンクラブと京都市との共催で、フォーラム「環境と文化・京都会議2010」を同志社大学で開きました。「京都例会」の後とはいえ、お忙しい中、講師やコメンテーターとして協力された中村敦夫さん、眉村卓さん、小中陽太郎さん、桶村久美子さん、ありがとうございました。国際ペン会議の
テーマだった「環境と文学」を論じるには、京都こそ最適の地。むしろ「環境と文化」と、
大きく出よう!--いやあ、この思いは予想以上に盛り上がり、地元の知事・市長も、府会
市会の議員さんも大いに賛同。府市民の中からも「環境と文化」を考え続けるグループが
いくつもできました。ならばと、京都生涯教育研究所役員と昨年の会議にかかわった有志で「環境と文化・京都会議2012」を開催することに決定しました。

 そこで、大発見!何と1972年に、日本ペンクラブ主催の「日本文化研究国際会議」というのが開かれていたんだということをを知りました。何と1週間近く。芹沢会長の時代です。私は
1975年に日本ペンクラブ入会。その後、企画事業委員と国際委員を通産22年、勤めさせていただきましたが、この会議のときはまだ門外の駆け出し。このすばらしい記録に目を通すのはこれからです。40年前は、国際的な視点から日本文化について誰が、何を論じていたか。
そして、40年後のいまは何を論じるべきか。若手や中堅のジャパノロジストの皆さんと分析し、考え、提言から創作まで進めば何より。やる気のある人、「この指、止まれ!」です。

 「世界女性文化会議・京都2011」のときは私は日本ジェンダー学会会長でもあったので、
この学会の仲間と組みましたが、このときにも梅原猛先生や下重暁子子さんらにご協力いただきました.このときも「文化は論じるより創ること!」と仲間の声楽家の提言で「オペラ阿国」を制作し、京都造形芸術大学の「春秋座」で上演。私は急遽、歌舞伎風の戯曲『阿国夢幻』(かもがわ出版)を書き下ろし。---この数年、文化庁支援事業の受託ということも
ありましたが、文化講座やシンポジウム開催に関連して創作劇書き下ろし、制作・上演。そういうことに付き合ってくれる仲間は嬉しい。それにしても、乱世とか抑圧とか、マイナス要因から芸術が生まれる事が少なくないと痛感。

 京都にもかつて、大震災が何度かありました。被災地の規模が違う東日本大震災で惨禍の
只中におられる方々には、力の及ぶ限りの支援を際挙げたいと思うことしきりですが、国際的にみるといま、日本の中でできるところから文化発信が必要と思います。この掲示板から、新しい交流が生まれると嬉しいですね。「環境と文化・京都会議2012」の準備は、
始まったばかりです。
 

木枯し紋次郎は、いま

 投稿者:冨士谷あつ子メール  投稿日:2010年 9月25日(土)23時29分51秒
  あの木枯し紋次郎、京都に来る! といえば? かも。

わけあってのご来洛なのである。
2010年10月3日(日)13時、同志社大学明徳館にいらっしゃい!

いまや、楊枝をくわえていない、颯爽、スーツ姿の中村敦夫さんは、俳優業のかたわら作家。日本ペンクラブの環境委員会委員長。


2010年9月23日から約1週間、日本ペンクラブが東京で国際ペン会議を開催する。主なテーマは「環境と文学」。

だけどこのテーマ、東京だけでは論じきれない。何しろ環境文学の最高峰、『源氏物語』が生まれ、地球温暖化抑止を謳う京都議定書採択の京都を除いてはいかがなものか。


そこで、京都生涯教育研究所と日本ペンクラブの有志が、京都市と共催で「環境と文化・京都会議2010」というフォーラムを開くことに。


第1部

京都府立植物園の名誉(名物)園長、松谷茂さんが「源氏物語の植物」について講演。続いて弁護士で気候ネットワーク代表の浅岡美恵さんと中村敦夫さんの対談「環境にいいことって何?」。エコって、楽しく語るもの。実践してこそ意義がある。

第2部

●枯葉剤などで国土がメチャメチゃになったベトナム。かつては詩の国、竹の国。どうよみ がえりつつあるのか。
 これは、元ベトナム公使の香川孝三(大阪女学院大学副学長)の報告。

●困り者の放置竹林の保全に乗り出した、京都府南部の木津川市の曽我千代子さんらの取り 組み。

●地球規模の緑化活動に乗り出し、中国の沙漠やブラジルやボルネオで植樹した澤井敏郎さ んたち(オムロン地域協力基金「ヒューマンかざぐるま賞受賞)。

●評論家で日本ジェンダー学会名誉会長の冨士谷あつ子(元福井県立大学教授)と横川公子・ 武庫川女子大学教授のコンビは、着易く華麗で(男女とも!)動きやすい慶長小袖ルネッサ ンスを呼びかける。

 元べ平連の小中陽太郎さん(作家)、京大名誉教授の上杉孝實さん、同教授の伊藤公雄さん や作家の眉村卓さんがコメンテーター。
 伊藤さんは、「京の環境文学」30選も発表します。

●●NHK京都放送局はじめマスコミでの告知も始まります。
  定員500人だけど、大教室なんで700名まで入れます。


  詳しいことは、「環境と文化・京都会議2010」をご覧下さい。

  http://kyotolifelong.at.infoseek.co.jp/kankyo-bunka-index.htm
 

プレフォーラム相次ぐ「環境と文化・京都会議2010」

 投稿者:冨士谷あつ子メール  投稿日:2010年 8月13日(金)17時43分11秒
  嬉しい話である。
25年ぶりの国際ペン会議日本開催を記念し、主会場の東京に続いて京都でも「環境と文化・京都会議2010」を10月初旬に開こうと呼びかけたら、やる気いっぱいの実行委員が集まった。日本ペンクラブ会員と京都生涯教育研究所や日本ジェンダー学会の役員が中心。京都だけではなく大阪でも、プレフォーラムを開くことに。痛恨の思いをこめて戦争を顧みる詩人の平林敏彦氏を迎える「第1回萩の会」は、8月29日(日)13時、柏原市のフローラルセンターで。平和でなければ環境保全はできない。平林氏の講演のほかにも詩人下田喜久美さんが
美しい竹の詩を読む。コーラスもあり、楽しい集いになるはず。ご参加歓迎!
 

環境と文化・京都会議2010

 投稿者:冨士谷あつ子メール  投稿日:2010年 7月 3日(土)14時00分34秒
   いよいよ、フォーラム「環境と文化・京都会議2010」開催に向けて情報公開します!
今年9月下旬、「国際ペン会議・東京大会」が開催されます。テーマは「環境と文学」。
現代社会が必要とする、とてもすばらしいテーマですね。
 ところで、このテーマは源氏物語のような美しい自然環境に恵まれた京都、地球温暖化抑止への世界的取り決め「京都議定書」が採択された京都でこそ、ふさわしいテーマ。加えて
京都には心の和むエコロジカルな暮らしを営んでいる人や、実際に海外で緑化運動に取り組んでいる人が少なくない!
 そこで、京都生涯教育研究所主催、日本ペンクラブ共催で、フォーラム「環境と文化・京都会議2010」を、10月3日(日)13時半から同志社大学で開催します。私は、22年、日本ペンクラブの企画事業委員や国際委員を務めてきて、「日本ペンクラブ」にいよいよ光ってほしい。また生え抜き京都人として、京都のことが大切。
 さて、このフォーラムには「国際ペン会議・東京大会」に参加した人や一般の方々も参加
歓迎。中村敦夫さんと浅岡美恵さんの対談や松谷茂・京都府立植物園園長の講演等、盛りだくさん。詳しくはHPをご覧ください。

http://kyotolifelong.at.infoseek.co.jp/index.htm
 

今、東山が面白い

 投稿者:冨士谷あつ子メール  投稿日:2010年 1月 7日(木)02時11分42秒
   1月6日午後、京大文学部で日本ジェンダー学会と京都生涯教育研究所の理事会と、夕方は時計台記念館1Fのレストラン「ラトゥール」に移って新東山文化創生実行委員会と、連続トリプル役員会。「新東山ー」の2009年度の事業は文化庁支援による「知となごみのまち新東山
文化創生」。講座・シンポジウム・公演の3本柱の事業だったが、実に大忙し。地元紙の予告も効いて、特に「平家物語」と東山文化を扱った講座は満杯。
 足利将軍の東山文化も歴史に名を残しはしたが、当時、民衆はどうしていたか。してみると今、ノーベル賞受賞者輩出の京都大学やマンガで知られた京都精華大学、アートで名をはせた京都造形芸術大学大学、歴史文化学科を新設する華頂短期大学(ここは大遠忌も近い法然上人ゆかりの知恩院のお膝元)が点在する、今の「新東山」こそ素晴らしい。それに今回は地域の町衆市民も巻き込み、北白川小学校まで協力された。文化庁の「文化・芸術による創造のまち」支援事業中、大学連携型事業としては最多の連携校に恵まれたプロジェクトだった。
 京都市の「アスニー」で開催した「女たちが語る平家物語の愛と別れ」公演では、上原まりさんの絶品筑前琵琶演奏に、六嶋由美子さんらのひとり語りが華を添えた。
 それから、リーダー育成講座では、なんと出来上がった生き生きリーダーが集まって結束。京都生涯教育研究所の亀岡分室を作りたいという。先年、会長を伊藤公雄さんにバトンタッチしていよいよ快調の日本ジェンダー学会のようになれば、いうことなし。
 ともかく、やる気のベテラン・ニューフェース登場で嬉しい限り。さて、「いざ見にごんせ東山!」
 

レンタル掲示板
/5